速報
» 2009年01月23日 16時11分 UPDATE

KDDI 2009年3月期第3四半期の連結決算は減収増益──端末販売減で売り上げ下方修正

KDDIは1月23日、2009年3月期第3四半期の決算を発表した。第1〜3四半期の連結売上高は2兆6297億円、営業利益は4067億円で、前年同期比と比べて減収増益。端末販売台数の減少が顕著なことから、営業収益を2000億円下方修正した。

[ITmedia]

 KDDIは1月23日、2009年3月期第3四半期の決算を発表した。第1四半期から第3四半期までを合算した連結売上高は、前年同期比で0.3%減となる2兆6297億円。営業利益は9.6%増の4067億円だった。また、移動通信事業で端末の販売台数減が見込まれることから、売上高の予想を期初の3兆7000億円から3兆5000億円に下方修正した。営業利益予想は4430億円で据え置く。

 auブランドで提供している移動通信事業は、売上高が前年同期比2.4%減の2兆495億円、営業利益が前年同期比7.6%増の4426億円。12月末でのauの契約数は3055万で、累計シェアは28.9%だった。解約率は前年同期より0.24ポイント低い0.65%に低下しており、契約者が“ほとんど解約しない”状況になりつつあることが分かる。販売奨励金は平均3万2000円と、前年と比べても低いレベルになった。

 MOUは140分と若干増加傾向にあるが、音声ARPU(ユーザー1人あたりの平均収入)は3650円と前年同期比で440円減少。データARPUは2220円で前年同期より80円増加しているものの、合計のARPUは5870円で前年同期からさらに360円減った。WINの契約数はau全体の71%。パケット定額制の契約率は若干低下傾向にあるが、依然72%と高い水準にある。

 2008年度は、端末の販売台数が急激に減少したことで、在庫が増加した。2008年3月期は、端末の販売台数が第1〜3四半期の合計で1132万台だったが、2009年3月期は800万台にとどまり、29%減となった。これを受け、2008年12月末時点での在庫数が210万台と、前年同期より80万台増えているという。期末に控えている春商戦へ向けて、販売手数料を制御しながら在庫端末の販売に注力していく考えだ。また2009年春モデルについても、市場環境の変化を考慮し、端末数を絞って発注しているとのこと。

 なお、新販売方式「au買い方セレクト」の利用状況は、シンプルコースが67%、フルサポートコースが33%だった。かつては圧倒的だったフルサポートコース選択者が減り、現在ではシンプルコースが主流となっている。

 固定通信事業では、売上高が前年同期比18.9%増の6353億円を記録。営業損失が依然364億円となっているが、前年同期よりも状況は改善しつつある。2008年12月末時点での固定系アクセス回線数は527万。2008年10月1日に、光ファイバーのブロードバンドサービス「ひかりoneホーム」で、上り・下り共に最大1Gbpsでの通信が可能な「ギガ得プラン」の提供を開始したところ、非常に好評を博し、ひかりoneの獲得数が大きく増加しているという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.