レビュー
» 2009年02月02日 18時11分 UPDATE

写真で解説する「ベルトのついたケータイ NS01」 (1/2)

「ベルトのついたケータイ NS01」は、auの新ラインアップ“NEW STANDARD”シリーズの端末。コンパクトで手にしっくりなじみ、装飾のないシンプルデザインのボディにはベルトストラップを装備。新しい持ち歩きスタイルを提案する。

[房野麻子,ITmedia]

 auの「ベルトのついたケータイ NS01」は、“NEW STANDARD”を意味する新しいNSシリーズの端末。NS01と同時に「ケースのようなケータイ NS02」も発表された。型番にメーカー名は表されていないが、NS01の開発・製造は京セラが行なった。コンパクトサイズのボディ裏面にはベルトストラップを装備し、腕や手に直接につけて持ち歩くという、新たなケータイスタイルを提案している。

photophotophoto 「ベルトのついたケータイ NS01」

photo NS01の裏面。電池カバーの上下にある2つの穴はベルトストラップの通し穴

 NSシリーズは、手にしっくりとなじむ形や押しやすいキー、見やすいフォントを採用し、長く使い続ける端末を目指して開発されたシリーズ。NS01は「子供が絵に描けるくらいシンプルなデザイン」を採用。全体に丸みを帯びた温もりを感じさせるフォルムで、女性の手にもすっぽりと収まるコンパクトサイズだ。ダイヤルキーは大きなフレームレスキーで、機能別に色や質感を変えてグループ分けされている。またキーフォントも、見やすさにこだわったフォントを採用した。

 カラーバリエはライトブルー、ホワイト、ブラウンの3色を用意。塗装は樹脂に細かいシボ加工を施したマット仕上げで、卵の殻のようなさらりとした質感で指紋が目立たない。また、落として塗装が剥がれても目立たないよう、下地の色を塗装の色に合わせている。

 特徴であるベルトストラップは、1台に1本同梱される。携帯電話をバッグやポケットに入れて持ち歩くのではなく、ベルトで“身につけて”持ち歩く新しいスタイルを提案するという。また、電話をかけているときなどのホールド感をサポートする狙いもあるそうだ。ベルトは簡単に取り外せるので、装着せずに使ったり、ベルトを別のものに付け替えたりなど、カスタマイズすることもできる。

photophoto 丸みを帯びた形状で、装飾のないシンプルなデザイン。背面にFeliCaマークが刻印されている(写真=左)。裏面には0.5インチの白色有機ELディスプレイと197万画素オートフォーカス付きCMOSカメラ

photophoto 端末の左側面(写真=左)にはmicroSD/microSDHCカードスロットを用意。右側面(写真=右)には外部接続端子、平形ヘッドフォン端子、カメラキー、マナーキーを配置。通常のストラップホールもヒンジ横に備える

photophoto ボディ先端部(左)とヒンジ部(右)。赤外線ポートがヒンジの下部にある

photophotophoto ダイヤルキーは大きなフレームレスキーで、見やすいフォントを採用。テンキーと十字キーは滑らかな触感、電話帳やアプリキー、発話/終話キーなどはザラザラした触感にして、キーを区別しやすいように工夫されている。また、ワンタッチダイヤルとして利用できる[1][2][3]キーはフォントの色を変えている

photophoto ベルトはテープ状の布にバックルを付けただけの単純なものなので、裁縫が得意な人なら簡単に自作できるだろう

photophoto ベルトストラップに指を差し入れて端末を持つと安定感が増す。長時間の通話時に手が疲れず楽そうだ(写真=左)。端末が手の甲側にくるように持つと指先が自由になり、携帯を持ちながら別の作業ができる(写真=右)

photo 別売オプションとして、ファブリック生地のベルトストラップも5種類用意。世界的な家具メーカー「ハーマンミラー」のテキスタイル部門で活躍した著名デザイナーアレキサンダー・ジラルド氏がデザインした。1950年代に発表した当時のヴィンテージ生地を採用したもの。2月中旬から下旬に販売開始予定で、価格は未定
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.