速報
» 2009年02月10日 15時21分 UPDATE

FOMAハイスピードのデータ通信をExpressCardで――IIJモバイルが独自端末投入

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブは2月9日、法人向けの高速モバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」で提供しているデータ通信端末のラインアップに、新たに独自開発の端末「110FE」を追加し、3月から提供すると発表した。

Photo IIJが独自開発したExpressCard型端末「110FE」。富士ソフトとZTEが開発を手がけた

 今回追加する110FEは、NTTドコモのFOMA網を利用した「IIJモバイルサービス/タイプD」の端末として提供するもの。FOMAハイスピード対応のデータ通信端末としては初となるExpressCard型のデータ通信カードで、3Gに加えGSMの国際ローミングにも対応する。対応OSはWindows Vista/XP SP2以降。

 2009年4月末までにIIJモバイルサービス/タイプD定額プランと110FEの端末レンタルを同時に申し込むと、初期費用と端末レンタル費用が無料となる「110FE スタートアップキャンペーン」を実施する。

「110FE」の主な仕様
型番 110FE
サイズ(高さ×幅×厚み) 約110×約34×約11ミリ
形状 ExpressCard/34準拠(PCカードスロット用アダプタ標準添付)
通信速度 FOMAハイスピードエリア:下り最大7.2Mbps/上り最大384kbps(ベストエフォート)、FOMAエリア:送受信最大384kbps、FOMAプラスエリア:送受信最大384kbps
海外ローミング 3G+GSM 対応
対応OS(各日本語版) Windows Vista、Windows XP SP2以降
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.