調査リポート
» 2009年02月10日 21時46分 UPDATE

メールに顔文字・絵文字を入れる理由 「気持ちが効果的に伝わるから」

アイシェアがメールの装飾サービスに関する意識調査の結果を発表。よく使うの装飾は「絵文字」が「顔文字」を上回り、使う理由は「気持ちを効果的に伝えられる」がトップとなった。

[ITmedia]

 アイシェアは2月9日、「メール装飾サービスに関する意識調査」の結果を発表した。調査は1月28日と29日の両日、同社が運営する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は668人。

 携帯でメールを送る際、絵文字やデコメールなどの装飾を使うかどうかを聞いたところ、全体の16.9%が「いつも使っている」と答え、「時々使っている」の48.2%を合わせると、装飾メールを送る人は65.1%にのぼった。男女別では、「いつも使っている」と「時々使っている」を含む装飾メール利用派は、男性が59.0%なのに対し女性が72.7%と、女性の利用が多かった。

 携帯メールで「いつも」あるいは「時々」装飾を使うと回答した人に、使用する理由を複数回答形式で答えてもらった結果、「気持ちを効果的に伝えられるから」が57.9%、「表現を和らげるため」が56.6%、「文章で伝わりにくいニュアンスを表現できるから」が49.2%と並んだ。順位に違いはあるものの、これら3つの回答はすべての性別、年代でトップ3に入っており、メール装飾が文字だけでは伝えきれない気持ちを表現するツールとして認知されていることが明らかになった。

 よく使うメール装飾については、「絵文字」が81.6%、「顔文字」が76.3%となり、反対に自分がメールをもらった時、一番嬉しいと思うメール装飾をひとつだけ選んでもらうと、「絵文字」が43.9%で最も多く、次いで多かった「顔文字」の19.5%を大幅に上回った。

 また、どんな装飾サービスを使ってみたいと思っているかを聞くと、「デコレーションメール素材のダウンロード」が31.7%、「オリジナル絵文字の作成」が29.0%、「手書きの文字やイラストをそのままやりとりできるサービス」が19.8%、「入力した文字を手書きフォントに変換してくれるサービス」が19.3%と続いた。

 年代別に見ると、「オリジナル絵文字の作成サービス」には大きな年代差は見られなかったが、「手書き」関連サービスは20代でポイントが高くなっており、「手書きの文字やイラストをそのままやり取りできる」は28.0%、「入力した文字を手書きフォントに変換してくれるサービス」は24.0%と、4人に1人以上が関心を示した。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう