連載
» 2009年02月12日 17時56分 UPDATE

今すぐ使えるケータイレシピ:第15回 “振り分け”と“検索”を活用――目当てのメールだけを読む方法 (1/2)

ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第15回では、目当てのメールを効率よく閲覧する方法を紹介する。

[田中聡,ITmedia]

 ケータイメールは手軽にやり取りできるだけに、PCメールよりもたくさんのメールがたまる人は多いだろう。しかし「Aさんとやり取りしたメールだけを見たい」「メモ用のメールだけを見たい」といったとき、膨大なメールの中から探すのは簡単ではない。そこで今回は、特定のメールを簡単に確認する方法を解説したい。

アドレス別にメールを振り分ける

photo 新着メールに振り分けられたフォルダは色が変わるので、どのフォルダに新着メールがあるかがすぐに分かる

 特定のメールを閲覧する最も基本的な機能は「自動振り分け」だろう。この機能を使えば、作成したフォルダにメールが自動で振り分けられるので、例えば仕事関係の人とやり取りするメールをすべて「仕事」フォルダに振り分ければ、仕事関連のメールだけを素早く確認できる。ケータイでメールマガジンを購読している人は、メルマガだけを別のフォルダに振り分けるのも効果的だ。

 この自動振り分け機能は、ほぼすべての現行機種が対応し、受信メールだけでなく送信メールも振り分け可能な機種が多い。また、EメールとCメールでメニューが異なるauは、Cメールは自動振り分け設定できない(フォルダ作成自体ができない)機種が多い。

 振り分け設定をするには、まず受信BOXにフォルダを新規作成する。作成したフォルダは「仕事」「家族」「友達」など、分かりやすい名前にしておこう。続いて、フォルダのサブメニューから「振り分け条件」を設定する。設定できる条件は機種によって異なるが、「メールアドレス」と「グループ」はたいていの機種で設定できる。

 振り分け条件は複数設定でき、例えばドコモの「SH-01A」は計30件の条件、つまり最大30人分のアドレスを設定できる。例えば、「家族」フォルダには家族全員のアドレスを、「大学」フォルダには大学時代の友人のアドレスをまとめて設定するといったことも可能だ。複数のアドレスを設定できるので、アドレス帳のグループ設定をしなくても、1つの“グループ”でやり取りするメールをまとめて振り分けられるというわけだ。

 なお、複数のフォルダに同じ条件(アドレスなど)を設定した場合、条件に合致したメールは、上の(番号の若い)フォルダへ優先的に振り分けられる。複数のフォルダへメールをコピーして振り分ける、といったことはできない。

photophotophotophoto フォルダを作成し、振り分け条件を設定する。メールアドレスはアドレス帳や送受信履歴などから設定できる(写真=左端、左中、右中)。ソフトバンク端末は(ソフトバンクモバイル同士なら電話番号でSMSとS!メールをやり取りできるので)電話番号も設定できる(写真=右端)
photophoto 振り分けの設定をする前に受信したメールも、該当のフォルダへ「再振り分け」できる機種も多い

自動振り分け機能を使って迷惑メールを一掃する

 ドコモのシャープや富士通製端末などはメールの「件名」や「電話帳登録なし」も振り分け条件に設定できる。

 件名の振り分けは、同じアドレスから受信するメールでも、特定の件名のメールだけ別のフォルダに振り分けたいときに役立つ。例えば、第5回でも解説したように、自分あてのメモメールを管理するという場合だ。

 1つ目のフォルダに「(件名の)メモ」を、2つ目のフォルダに「自分のメールアドレス」を振り分け条件に設定すると、同じ自分あてのメールでも、件名が「メモ」のメールは(前のフォルダの方が条件が優先されるため)1つ目のフォルダへ、そのほかの件名のメールは2つ目のフォルダへ振り分けられる。

photophotophotophoto メモメールは1つ目のフォルダ、それ以外の(自分から自分あての)メールを2つ目のフォルダに振り分け設定すれば、メモメールだけを特定のフォルダで管理できる

 「電話帳登録なし」の振り分け設定は、迷惑メールの一掃に便利だ。文字どおり、アドレス帳に登録していないアドレスからのメールを振り分けられるので、メインの受信BOXに迷惑メールが届くのを防げる。ある程度迷惑メールがたまってきたら、折を見てフォルダ内のメールを全削除すればいい。もちろん、「指定受信」「指定拒否」など迷惑メールを受信しないための対策をするのが最善だが、1つの対策として覚えておきたい。

 なお、アドレス帳登録外のメールは、「メールアドレスを変えた知人からのメール」など、すべてが迷惑メールだとは限らないので、削除前にメールの件名くらいは確認しておきたい。

photophotophoto アドレス帳に登録されていないメールを1フォルダに振り分ければ、迷惑メールだけを簡単に削除できる

 「電話帳登録なし」設定と似ているが、ソフトバンクモバイルのシャープと東芝製端末には、迷惑メール専用のフォルダが用意されており、アドレス帳登録外のメールだけを振り分けてくれる(この機能はオフにもできる)。ここまでは“電話帳登録なし”のときと同じだが、大きく違うのは、迷惑メールフォルダに受信した場合、着信音を含むメールの通知がないことだ。真夜中や仕事中などに迷惑メールの着信に悩まされることがないのがいい。

photophotophotophoto ソフトバンクモバイルの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、メールメニューの「メール/PCメール設定」→「一般設定」→「迷惑メール設定」から設定する。アドレス帳登録外でも、特定のメールは通常メールとして受信する設定もできる
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう