ニュース
» 2009年04月09日 16時02分 UPDATE

イー・モバイル、「連続かつ大量の通信を行うユーザー」に帯域制御を実施

イー・モバイルは、連続的かつ大量の通信を行うユーザーを対象に、通信速度を落とすなどの帯域制御を実施する。7月末まで検証を行い、今秋をめどに正式運用を始める。「一般的な使い方のユーザー」への影響はないという。

[平賀洋一,ITmedia]

 イー・モバイルは4月9日、連続的かつ大量の通信を行うユーザーに対して通信速度を落とすなどの帯域制御を行うと発表した。

 帯域制御は、ネットワークの品質と公平性確保を目的にした「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づくもの。5月1日から7月31日まで対象基準や効果の検証を行い、2009年秋をめどに正式運用を開始する。

 帯域制御の対象となるのは、データ端末を使ったPCなどからのインターネット接続サービスとスマートフォンや音声端末からアクセスする「EMnet」を含むHSDPA通信サービス全般。制御される具体的な通信量やプロトコルについては現在検討中で、検証を通じて最終決定する。検証中もテスト目的で帯域制御を行うが、イー・モバイル広報部では「ごく一部のユーザーを対象にするもので、多くの一般ユーザーには影響はでない。また特定のソフトやサービスの利用を規制するものではない」としている。

 なお具体的な条件については、正式運用を開始するタイミングで告知するという。今回の対象となるのはイー・モバイルが販売する回線のみで、MVNOに貸し出された回線は含まないが、正式運用時には対象となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう