ニュース
» 2009年05月07日 16時24分 UPDATE

ウィルコムの「カーナビ専用サービス for carrozzeria」、最新サイバーナビに対応

ウィルコムは5月7日、パイオニアのカーナビ向け定額通信サービス「カーナビ専用サービス for carrozzeria」を、5月下旬発売予定のサイバーナビ3モデルに対応させると発表した。合わせて新規契約キャンペーンも実施する。

[園部修,ITmedia]

 ウィルコムが5月7日、「カーナビ専用サービス for carrozzeria」の対応機種を拡充すると発表した。5月下旬に発売予定の「サイバーナビ」3モデルでも、定額通信サービスが利用できる。

 カーナビ専用サービス for carrozzeriaは、パイオニアのカーナビゲーションシステム「カロッツェリア」で渋滞情報やリアルタイムで更新されるカーナビ用コンテンツなどが、専用の料金プランで定額で利用できるサービス。「使い放題プラン」は月額1050円(12カ月分一括払いの場合は1万1550円)、「ライトプラン」は月額525円(2500パケット分の通信料込み)から1575円で提供している。専用の通信モジュール「WS022IN」もしくは「WS021GS」を購入することで利用可能だ。

 今回の発表は、5月7日にパイオニアがサイバーナビの2009年最新3モデル(AVIC-VH9900、AVIC-ZH9900、AVIC-H9900)を発表したことを受けたもので、最新モデルでもWS022INを利用することで、従来どおりの価格で利用できる。

 9月30日までに、データ専用通信モジュール WS022INを購入し、カーナビ専用サービス for carrozzeriaの使い放題プラン(12カ月分)に新規で契約すると、機種代金と通信料の合計が1万2380円(通常1万7850円)になるキャンペーンも実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.