ニュース
» 2009年11月06日 19時26分 UPDATE

携帯販売ランキング(10月26日〜11月1日):au冬モデルが堅調な滑り出し (1/5)

他キャリアに先行して冬モデルを投入したau。キャリア総合トップ10にも新端末が登場し、堅調なスタートを見せた。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2009年10月26日〜2009年11月1日
順位前回順位キャリアモデル
1位1NTTドコモN-03A
2位2ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
3位7NTTドコモSH-02A
4位3auSH001
5位4auK002
6位5ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)
7位auAQUOS SHOT SH003
8位8ソフトバンクモバイル830P
9位6NTTドコモSH-06A
10位9NTTドコモらくらくホン ベーシックII

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


 キャリア総合ランキングでは、NTTドコモのスタンダード端末「SH-02A」が前回の7位から大きくランクアップし、3位を獲得した。

 また、10月30日に発売された「AQUOS SHOT SH003」が初登場で7位にランクイン。12.1M CCDカメラを搭載したau初の“AQUOS SHOT”となる同端末は、都内量販店ではシンプルコースの一括払いで新規、機種変更ともに5万9760円で販売されていた。同社のラインアップの中では高価な端末といえるが、ランキングの出足は上々といったところだろうか。さらに11月中旬までには、発売が延期された「EXILIMケータイ CA003」「EXILIMケータイ CA004」もランキングに参戦する予定だ。こちらもSH003と同様、手堅い人気を獲得しそうな端末である。

 「iPhone 3GS」の16Gバイトは1つ順位を下げて6位となった。また、順位が徐々に落ちてきていた「830P」は、今回は8位をキープした。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう