ニュース
» 2010年05月13日 16時44分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、ホワイトプランの初回契約更新月を1カ月延長

ソフトバンクモバイルが、「ホワイトプラン」の初回契約更新月、割賦代金請求と月月割の適用月を改訂。ホワイトプランの2年契約の更新月が割賦代金の支払い終了時に来るようにした。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、5月28日から「ホワイトプラン」に加入する場合、2年契約の初回契約更新月を1カ月延長し、25、26カ月目にすると発表した。合わせて5月28日から「新スーパーボーナス」に加入する場合、携帯電話の割賦代金の請求と「月月割」の適用開始を、これまでの3カ月目から2カ月目に変更する。

 この変更は、4月27日からのホワイトプランの改定に伴う施策。発表時の改訂では、ホワイトプランの更新月に月月割や割賦の支払いが残っている状態になってしまうことから、「利便性を考慮し、ホワイトプランの2年契約の更新月が割賦代金の支払い終了時に来るようにした」(ソフトバンクモバイル)という。

 なお、4月27日から5月27日までにホワイトプランに加入したユーザーについては、初回契約更新月を25〜27カ月目とし、5月27日までに「新スーパーボーナス」に加入した場合は、分割支払金の請求と月月割の適用開始を3カ月目からとする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.