ニュース
» 2011年03月18日 11時45分 UPDATE

緊急連絡サービス「J!ResQ」をAndroid、iPhone、ケータイ向けに無償提供

日本デジタルオフィスが、日本マイクロソフトと協力してWindows Azureを活用した緊急連絡用アプリの無償提供を開始した。AndroidとiPhoneにはアプリを提供し、ケータイ向けの専用サイトも公開した。

[園部修,ITmedia]

 日本デジタルオフィスが3月18日、日本マイクロソフトと協力し、ケータイおよびスマートフォン向けの被災時緊急連絡用アプリ「J!ResQ」(ジェイ レスキュー)の無償提供を開始した。AndroidアプリはAndroidマーケットからすでにダウンロードが可能。iPhoneアプリは申請中で、認可され次第配信を開始する。ケータイ向けには専用サイト http://j-resqm.digital-office.co.jp を用意した。

 J!ResQは、スマートフォンやケータイで、自分の位置情報と音声を、あらかじめ登録したメールアドレスに自動送信できるアプリ/サービス。送信された位置情報と音声データは、Windows Azureプラットフォームに自動的に蓄積されるため、J!ResQでメールの送信先として登録されていない人も、発信者のメールアドレスを検索することで消息を知ることができる。

 アプリには最大5つの送信先が登録しておけ、メールは同時に送信される。アプリの起動からメール送信までは数回の操作で完了でき、所要時間はおよそ15秒ほど。送信されるメールには発信者の位置情報、と最長10秒の音声が添付され、地図アプリ(Bing MapsおよびGoogleマップ)によってメール受信者は発信者のイチと音声が確認できる。

 なおWindows Phone 7用のJ!ResQアプリも今後提供を予定している。

記事中のiPhoneアプリ

App Storeで「J!ResQ」をダウンロードする(リンクをクリックするとiTunesが起動します)※公開され次第更新します


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.