レビュー
» 2012年04月05日 21時54分 UPDATE

写真で解説する「GALAXY Note SC-05D」(ソフト編) (1/2)

5.3インチのタッチパネルや繊細な手書き入力が可能な「Sペン」など、見どころの多い「GALAXY Note SC-05D」。では、Androidスマートフォンとしてはどんな特徴があるのだろうか。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモのSamsung電子製Android「GALAXY Note SC-05D」は、タッチパネルに5.3インチのWXGA(1280×800ピクセル)表示の有機ELを搭載している。ボディとディスプレイがほかのスマートフォンと比べて一回り(二回り?)大きいため、1画面で表示できる情報量が多いのが特徴だ。

photo 左から「GALAXY S SC-02B」「AQUOS Phone f SH-13C」「ARROWS Z ISW11F」「GALAXY Note SC-05D」

 高解像度化というより大画面化の恩恵を受けているのが、GALAXY Noteのブラウザ。PC向けWebページ全体を表示した場合、ほかのスマートフォンでは文字が読めなくなるケースも多いが、GALAXY Noteでは文字を読むことができる。4インチワイドVGA(480×800ピクセル)有機ELを搭載した「GALAXY S SC-02B」、3.7インチQHD(540×960ピクセル)液晶の「AQUOS Phone f SH-13C」、4.3インチHD(720×1280ピクセル)液晶の「ARROWS Z ISW11F」と並べてITmedia +D Mobileのトップを表示(表示倍率は標準または中、ページの自動調整はオフ)してみたので、写真で確認していただきたい。

photophotophotophoto Webページのサムネール表示がグラフィカル(写真=左端)。それ以外はほかの端末のブラウザと違いは少ない

 またカメラも大画面で使えるため何かと快適だ。メインカメラの撮像素子は有効800万画素のCMOSで最大撮影サイズは3264×2448ピクセル。AF/手ブレ補正に対応しフォトカメラはフラッシュとしても動作。また動画では1980×1080ピクセルのフルHD動画も撮影可能だ。インカメラは有効196万画素CMOSで、静止画なら1600×1200ピクセル、動画なら640×480ピクセルのサイズで撮影できる。

photophoto カメラのインタフェース。半透明タイプの設定メニュー

photophoto グリッドの表示もできる(写真=左)。最大撮影サイズは3264×2448ピクセル

photophotophoto UIは縦画面表示にも切り替わる

photophoto 動画のインタフェースも基本的に同じ(写真=左)。アウトカメラならフルHDの動画が撮影できる(写真=右)

photophoto 静止画・動画を問わず、3種類の撮影効果を用意(写真=左)。静止画と動画、アウトカメラとインカメラの切り替えはシームレスに行える(写真=右)

 グローバルモデルのGALAXY Noteだが、ドコモ向けはワンセグに対応。データ放送の受信や字幕表示、副音声に対応しているほか、フレーム補完や疑似5.1chサラウンドモード、そして録画機能を備えた。外部アプリのGガイド番組表と連携することで、録画や視聴の予約も可能だ。ただワンセグのため、縦画面ならちょうど良いが、横画面の全体表示になるとさずがにアラが目立った。

photophotophotophoto ワンセグはデータ放送や字幕、副音声に対応。フレーム補完や疑似5.1chサラウンド、録画機能など、なかなか高機能だ

photophoto 番組の予約録画はプリセットされた「Gガイド番組表」アプリから行う。視聴予約も可能だ

photophoto 横画面にした際のワンセグUI

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.