ニュース
» 2012年08月30日 19時41分 UPDATE

日本通信、使う時だけ高速にできる「Turbo Charge」をスタート

日本通信は、「b-mobileSIM U300」などパケット通信が低速なサービスでも、100Mバイト/525円で高速通信が可能になる「Turbo Charge」をスタートした。

[平賀洋一,ITmedia]

 日本通信は8月30日、パケット通信速度が低速な同社サービス向けのオプションプラン「Turbo Charge」(ターボチャージ)を開始した。

photophotophoto 「Turbo Charge」アプリの利用画面

 対象サービスは、「b-mobileSIM U300シリーズ」「b-microSIM U300シリーズ」「イオン専用b-mobileSIM プランA/B/XA/XB」「スマホ電話SIM U200プラン/2GBプラン」。専用のアプリをスマートフォンにインストールすることで、必要な時だけ高速通信が利用できる。

 高速通信の料金は、100Mバイトあたり525円。アプリでは高速と低速の切り替えできるほか、高速通信が可能な残りのデータ量も表示される。なお日本通信では8月31日まで、初回無料キャンペーンを実施している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.