ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「b-mobileSIM U300」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「b-mobileSIM U300」に関する情報が集まったページです。

日本通信、150kbps・980円SIMにAmazon/ヨドバシ版
日本通信の150kbps・980円SIMサービスにAmazon/ヨドバシ版「スマートSIM 980 Turbo」が追加された。使う時だけ高速化できるTurbo Chargeも利用可能。(2012/9/24)

10月1日開始:
980円のイオンSIM、最大150kbpsに高速化+Turbo Charge対応に
日本通信の「イオンSIM」が最大150kbpsに高速化、加えてTurbo Chargeも利用できるようになる。開始は2012年10月1日から。(2012/9/13)

日本通信、使う時だけ高速にできる「Turbo Charge」をスタート
日本通信は、「b-mobileSIM U300」などパケット通信が低速なサービスでも、100Mバイト/525円で高速通信が可能になる「Turbo Charge」をスタートした。(2012/8/30)

日本通信、使う時だけ高速「Turbo Charge」1回分無料キャンペーン
日本通信が「Turbo Charge」サービスの初回無料キャンペーンを実施する。期間は2012年8月31日まで。(2012/8/10)

Turbo Charge:
日本通信、「U300」向けに100Mバイト/525円で“高速通信”を提供
日本通信は8月下旬から、上限300kbpsでFOMA網が定額利用できる「b-mobileSIM U300」向けに、100Mバイト/525円で高速通信を提供する「Turbo Charge」を開始する。(2012/7/23)

「使う時だけ高速に」がポイント:
プラス525円で速度制限なしに──日本通信、U300利用者向けオプション「Turbo Charge」開始
約2500円/上限300kbpsの「b-mobileSIM U300」にオプションプラン「Turbo Charge」が加わる。普段は300kbpsで定額利用、そして、「一時的に高速さが必要」な時だけプラス525円で速度制限なしにできる。(2012/7/23)

3100円で30日間1Gバイト分、2年縛りなし:
「そうそう、これだよ」なデータ通信手段──より安価にビシビシ使える「b-mobile 1GB定額」実力検証
日本通信から最大30日間に1Gバイト分のデータ通信が可能なSIMキットが登場。同じくテータ量課金制のb-mobile Fairと比べ、どこにメリットがあるか、スマートフォンやPCデータ通信ユーザーがどう活用できるか検証する。(2011/9/30)

街のイオンで買う“データ通信SIMカード”:
980円で大丈夫か──「イオン専用b-mobileSIM」徹底検証
月額980円で定額データ通信が行えるという、これまでなかった新たな製品「イオン専用b-mobileSIM」が登場。導入における注意点と実際の使い勝手をじっくり検証する。(2011/7/23)

月額換算で2087円から、ならば手軽に使えそう:
“公平”なプリペイドSIM──「b-mobile Fair」は本当に速度制限なし?
FOMA網で使えるSIMカード「b-mobile Fair」が日本通信より発売。1Gバイト分の通信権を先に購入するプリペイドスタイルを採用し、FOMA網で下り最大7.2Mbpsの通信が可能だ。サービスイン直前の評価カードで使い勝手と特徴を簡易チェックする。(2011/4/12)

SIMロック解除の意味とは:
料金は応分負担すべき――日本通信が考える“フェア”なデータ通信
現在のモバイルデータ通信はフェアじゃない――そんな思いから生まれた日本通信のSIM製品「b-mobile Fair」は、その名のとおり、公平な通信サービスを目指したもの。同社はSIM市場をさらにリードしていくことを狙う。(2011/4/8)

チャージは1Gバイト8350円:
日本通信、速度制限なしのプリペイドSIM「b-mobile Fair」──通信量1Gバイト単位のチャージ制
日本通信が、速度制限を設けないプリペイドSIM「b-mobile Fair」を発売。1Gバイトまで使える通信利用権をチャージして利用する。チャージ額は1Gバイト分で8350円。(2011/4/6)

日本通信、「Light Tab」向けに月額2000円未満で使える専用SIMを発売
日本通信が、SIMロックフリーの7インチAndroidタブレット「Light Tab」向けに、月額2000円弱で利用できる専用SIMを販売する。またLight Tabの予約受け付けをb-MARKETで開始した。(2011/3/1)

日本通信がAndroidタブレット「Light Tab」発表――SIMフリー2年縛りなし3万9800円
日本通信がAndroid2.2搭載の7インチタブレット端末「Light Tab(ライト・タブ)」を3月4日に発売。SIMロックフリー、テザリング自由、2年縛りなしで3万9800円。(2011/2/24)

最新ケータイ徹底比較(スマートフォン2010年冬モデル編):
第2回 料金が安い/メモリが大きい/通信が速いAndroid端末は?
ケータイを使う上で機能と並んで気になるのが料金だ。端末代と毎月の利用料金を含めて、トータルで最も安いモデルはどれか。このほか、4種類の“メモリ”と通信速度の実測値についても調べた。(2011/1/25)

モバイルIPフォンは「次世代のインターネットサービス」――日本通信が見せる自信
「050」の電話番号を使ってIP電話ができる、日本通信の「モバイルIPフォン」が1月28日から提供される。日本通信は「毎月3000円前後で通話とデータ通信が利用できる」と料金の安さをアピールする。(2011/1/20)

モバイルWi-Fiルーター徹底比較:
第4回 端末代+通信料のトータルコストがお得なモデルは?
各社から発売されているモバイルWi-Fiルーターの端末代と通信料はどれくらいなのだろうか。2年間使い続けた場合のトータルコストを比べてみた。(2011/1/11)

ITmediaスタッフが選ぶ、2010年の“注目ケータイ&トピック”(編集部山田編):
「IDEOS」に感じた“軽自動車的スマートフォン”という方向性
スマートフォンの販売が加熱した2010年。ハイスペックなモデルが続々と増える中で“軽自動車的”なスマートフォンも登場したことが、筆者には印象的なトピックだった。(2011/1/7)

SIMロックフリーの「Pocket WiFi S」発売前レビュー:
第3回 「Pocket WiFi S」のバッテリー動作時間を検証
重量105グラムの小型軽量ボディながら、テザリング機能とAndroid 2.2搭載スマートフォンとしての機能が利用できる「Pocket WiFi S」。今回は、どのくらいバッテリー動作するか、そして導入コストについて考察する。(2010/12/30)

SIMロックフリーの「Pocket WiFi S」発売前レビュー:
第2回 「Pocket WiFi S」で他社のSIMカードが使えるかを検証
イー・モバイル「Pocket WiFi S」は、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン。国内他社のSIMカードが使えるか、どう設定するか。速度チェックとともに検証する。(2010/12/29)

技適マークはある? サポートは?:
日本通信、「IDEOS」をオンラインショップで販売開始+スペシャルSIMも発売
日本通信がHuawei製のスマートフォン「IDEOS」の販売を、同社のオンラインショップで開始した。一方、この販売の報道を受け、ファーウェイ・ジャパンがIDEOSのサポートを行わない旨の声明を発表した。(2010/12/24)

050の番号を利用可能:
日本通信、SIMフリー端末「IDEOS」+月額490円のモバイルIP電話サービスを発表
日本通信が、SIMロックフリーのAndroid端末「IDEOS」を発売する。あわせて、IDEOS向けに、050の番号を使ったモバイルIP電話サービスを2011年1月中旬から提供する。(2010/12/22)

「子供のお小遣いで持てる」Android端末を――日本通信が目指す“スマホ価格破壊”戦略
端末は2万円台、利用料は月2973円から――SIMロックフリー端末向けサービスに注力する日本通信が、Android 2.2搭載スマートフォン「IDEOS」と、同端末向けの“モバイルIP電話サービス”を発表した。購入時に契約する必要がなく、販売店も新たな広がりを見せるという。(2010/12/22)

ルータ+18カ月利用権込みで、月額換算2755円:
日本通信、「b-mobileWiFi+SIMカード」の7777台限定割引パッケージ
「b-mobile WiFi+b-mobileSIM U300でのデータ通信利用権」が割安になる台数限定パッケージが登場。18カ月使い放題限定パックの場合、月額換算2755円で利用できる。(2010/12/17)

Wi-Fiルーターと定額データ通信を月2980円で提供――「b-mobile WiFi月々払いプラン」
日本通信は、モバイルWiFiルータと定額データ通信のセットを2年契約すると月額2980円となる「b-mobile WiFi月々払いプラン」の提供を開始した。なお、2年未満で解約しても端末代金だけ払えばよく、解約手数料や違約金は発生しない。(2010/11/24)

日本HP、FOMA網使い放題サービス「HP Mobile WiFi」を開始──日本通信がMVNEとして支援
日本HPが3Gデータ通信サービスの新プラン「HP Mobile WiFi」を開始。日本通信のMVNOとして、b-mobileSIM+b-mobileWiFiと同じサービス内容となる。(2010/11/18)

ポータブル無線LANルータレビュー:
SIMロックフリー時代の無線LANルータ「b-mobile WiFi」利用ガイド(後編)
SIMロックフリーと、“余計な機能なし”が特徴のポータブル無線LANルータ「b-mobile WiFi」。後編は通信速度やバッテリー動作時間など、より深く本機の魅力を探っていこう。(2010/10/19)

これ1つあればだいたいOK:
SIMロックフリー時代の無線LANルータ「b-mobile WiFi」利用ガイド(前編)
PCのほか、スマホユーザーなどにも利用シーンが広がっている「ポータブル無線LANルータ」。広いエリアでより安価に──のニーズに応える「b-mobile WiFi」の使い勝手を検証する。(2010/10/15)

b-mobileWiFiとb-mobileSIM U300、セット利用で最長6カ月の無料期間をプレゼント
日本通信は、b-mobileWiFiとb-mobileSIM U300をセットで利用すると1年パッケージには6カ月分、6カ月パッケージには3カ月の無料期間を付与するキャンペーンを実施中だ。(2010/9/2)

ドコモの半額で“快適な通信”を――iPhone 4専用micro SIMの新ビジネスモデル
「一概に何Mbpsとは言えないが、iPhone 4を快適に利用できる」――日本通信が発表した「talking b-microSIM プラチナサービス」は、ドコモのネットワークでiPhone 4を利用できる製品だ。エリア、料金、通信速度、テザリングなどから同製品の詳細が明かされた。(2010/8/23)

PHS&データ通信端末販売ランキング(8月2日〜8月8日):
ドコモ「ポータブルWi-Fi」好調 再び3位に
ウィルコムのランキングでは「Premium Bar presented by BAUM」が今回も2位を獲得。データ端末ランキングではモバイルルータの存在感が高まっている。(2010/8/13)

日本通信「micro SIM発売」で理解しておくべきこと
日本通信が、8月中にSIMロックフリーのiPhone 4などで利用できるmicro SIMを発売すると発表し、話題になっている。現状では情報があまりにも少ないが、必ずしも万人が恩恵にあずかれる製品ではないことは理解しておきたい。(2010/8/7)

日本通信、モバイルルータ「b-mobileWiFi」の特別エントリーパックを発売
日本通信が7月29日から、「b-mobileWiFi」に「b-mobileSIM U300」の1カ月分をセットにした「b-mobileWiFi 特別エントリーパック」の販売を開始する。(2010/7/28)

日本通信、通話もできる単体SIM「talkingSIM」を発売
日本通信が、SIMロックフリーのスマートフォンなどをターゲットにした、通話も可能なSIM「talkingSIM」を7月30日から販売する。(2010/7/23)

ものになるモノ、ならないモノ(41):
iPad発売記念!モバイルルータや電子書籍へのインパクトは?
とうとう国内でもiPadが発売された。筆者も毎日、自分の手のように使っている。これを機にモバイルルータ、そして電子書籍の世界に大きな変化が起こりそうだ。(2010/6/2)

日本通信、ドコモ網のSIMカードを単体販売――SIMロックフリー端末向けに
日本通信がSIMロックフリーの端末向けに、ドコモの3G網に対応するSIMカードを単体販売する。2万9000円で1年間、メールやWeb閲覧などのパケット通信が使い放題になる。(2010/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。