ニュース
» 2013年01月31日 19時05分 UPDATE

「我々は来年、ドコモの営業利益に並ぶ」――ソフトバンク孫社長

ソフトバンクが2012年4月〜12月期の決算を発表。増収増益を達成し、通期目標の営業利益7000億円の達成を確実視する。2013年度は営業利益8000億円を見込み、同社の孫社長は「ドコモに並ぶ」と強調する。

[山田祐介,ITmedia]
photo ソフトバンク 孫正義社長

 「我々は来年、国内の事業だけで、ドコモの営業利益に並ぶ」

 ソフトバンクは1月31日、2012年度第3四半期(4〜12月期)決算を発表した。売上高は前年同期比4.7%増の2兆5097億円、営業利益は前年同期比12.6%増の6001億円で、増収増益となった。決算会見でソフトバンクの孫正義社長は、通期目標である営業利益7000億円の達成を確実視。さらに、2013年度の国内事業の営業利益の見通しを8000億円とし、NTTドコモの営業利益(2012年度目標8200億円)に迫ることを強調した。

 2012年4〜12月期は、「iPhone」や「iPad」、さらに子どもやお年寄りをターゲットにした「みまもりケータイ」の販売好調などにより、純増契約数は237万3000件(4〜12月累計)に。契約が増えたことで通信料売上が増加し、売上増加に寄与した。

 孫社長は会見で、業績が順調であることを強調し、通期の営業利益目標である7000億円を確実に達成できるとした。また、2013年度の営業利益の見通しを8000億円と発表。「ドコモの営業利益は毎年8000億円を少し超えた程度。今年も8200億円の見通しだ。我々は来年、ついにそのレベルに達する」と話し、ボーダフォン買収時から掲げてきた業界1位のポジション獲得に挑戦する姿勢を見せた。

 2013年、同社は米Sprint Nextelを買収完了する予定だが、目標の8000億円は国内事業に限った営業利益を指すという。また、買収に合わせて国際会計基準(IFRS)を適用するが、営業利益8000億円は従来の会計基準で達成するとした。

 IFRS適用による海外も含めた2013年度連結営業利益は、買収に伴うさまざまな一時的費用もかんがみ、7000億円前後を想定。2014年度には、同社の最高益更新を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう