ニュース
» 2013年05月20日 11時00分 UPDATE

秒間15枚連写:高密度な大画面でカメラも音楽も楽しめるXperiaシリーズの究極形――「Xperia UL SOL22」

ソニーモバイル製の「Xperia UL SOL22」は、有効約1310万画素で秒間15枚の無制限連写が可能なカメラを搭載。おなじみのWALKMANアプリではイルミが輝く。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia UL SOL22」を発表した。ボディカラーバリエーションは、透明感のあるWhite、インモールド加工を採用するPink、ラバーのような質感を施したBlackの3色。本体を持ちやすいラウンドフォルムを取り入れたボディでは、サイドキーをすべてフレーム内に収めている。電源ボタンとカメラリングには本物の金属を使用し、高級感を演出する。

photophoto ソニーモバイル製の「Xperia UL SOL22」。ボディカラーはWhite、Pink、Blackの3色

 約5インチフルHD“Reality Display”の大画面は、グラビア印刷を超える高密度の443ppi。「Xperia VL SOL21」と同様「モバイルブラビアエンジン2」や「Direct Touch」を採用しており、映像のシャープネスとコントラストやタッチ精度も重視している。

 有効画素約1310万の裏面照射積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を採用したカメラは、「高速」設定時に、秒間15枚の連写が無制限で可能。ハードキーでフォーカス/シャッター操作が可能なのは、Xperiaではauモデルだけだ。逆光時に明暗を補正するHDRやシーン自動認識機能の「プレミアムおまかせオート」はそのままに、静止画と動画のどちらも撮影できる「モードレスUI」が追加されて使いやすさが向上した。

photo

 独自の音楽プレーヤーである「WALKMAN」アプリは、イコライザーとビジュアライザーを新たに追加した。曲ごとに最適な音量を調整する「ダイナミックノーマライザー」、内蔵スピーカーの音を適切に補正する「Clear Phase」も搭載している。画像閲覧アプリの「Album」とWALKMANアプリのコンテンツに応じた色で発光するイルミネーションも、au独自の機能だ。

 操作面では、auが独自に用意したシンプルホームを追加して、フィーチャーフォンから乗り換えるユーザーにも親しみやすいUIになっている。通話音声の音質と日本語入力システムのPOBoxの機能も改善され、より快適に使えるようになった。

「Xperia UL SOL22」の主な仕様
機種名 「Xperia UL SOL22」
OS Android 4.1
プロセッサー APQ8064(1.5GHzクアッドコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71×135×10.5ミリ
重さ 約145グラム
連続通話時間 約910分
連続待受時間 約480時間(3G)、約440時間(LTE)
バッテリー容量 2300mAh
メインカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約31万画素CMOS
メモリ ROM:16Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5.0インチフルHD(1080×1920ピクセル)液晶
ボディカラー White、Pink、Black
主なサービス・機能 ワンセグ(視聴/録画)、赤外線、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)、Bluetooth、HDMI/HDCP、MHL、3.5ミリ径コネクタ、DNLA/DTCP-IP、LTE、WINHIGHSPEED、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n、2.4GHz+5GHz)、テザリング、CDMA、GSM、GPRS、UMTS、@メール、SMS、防水(IPX5/8)、卓上ホルダー同梱、共通ACアダプタ04 ほか

(記事掲載当初、ディスプレイ解像度に誤りがありました。おわびして訂正いたします)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.