ニュース
» 2013年06月18日 11時28分 UPDATE

Skypeの動画メッセージング機能、iOSやAndroidで本数上限なしで利用可能に

Skypeが2月からプレビュー版として提供しているビデオ留守電機能「Skype Video Messaging」が、Windows Phone以外のほとんどのプラットフォームで正式版になり、3分間のビデオメッセージを何本でも送信できるようになった。

[ITmedia]

 米Microsoft傘下のSkypeは6月17日(現地時間)、ビデオメッセージ機能「Skype Video Messaging」の提供を正式に開始したと発表した。iOS、Android、BlackBerry、Windowsデスクトップ、Windows 8、Mac版のSkypeで利用できる(本稿執筆現在、まだ日本では反映されていない)。

 Skype Video Messagingは、録画した動画メッセージを送るいわば動画版留守番電話メッセージ。相手が動画チャットに応じられなくても送ることができ、相手はオンラインになった段階でメッセージを視聴できる。既にプレビュー版が提供されているが、送信できるメッセージの件数に上限があった。正式版では無料で無制限にメッセージを送信できる。

 ユーザーは上限3分間の動画を撮影して相手に送信できる。動画メッセージは6カ月保存可能だ。それ以上保存しておきたい場合は、Skype Premium(有料版)にアップグレードする必要がある。

 動画メッセージを送るには、例えばAndroidアプリの場合、「連絡先」で送信したい相手を選び、[その他]→[ビデオメッセージ]を選択すると録画画面になる。撮影後、メッセージを追加して送信ボタンをタップすればメッセージを送信できる。

 skype

 Windows Phone端末からは動画メッセージを送信できないが(今後Windows Phoneにもこの機能が追加されるかどうかは不明)、受信は可能だ。

関連キーワード

Skype | 動画 | Android | iOS | Windows Phone


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.