ニュース
» 2013年07月01日 10時30分 UPDATE

HOYAサービス、HDD用ガラス基板技術を応用した液晶保護用カバーガラス「Z’us-G」発売

表面硬度9Hのアルミノシリケートガラス製の液晶カバーガラス「Z’us-G」が発売。指紋などの汚れが付きにくく、飛散防止加工やブルーライトカットも施している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 HOYAサービスは、液晶保護用カバーガラス「Z’us-G」を6月12日に発売した。価格は2835円〜3360円で、販売はWeb限定。

PhotoPhoto 液晶保護用カバーガラス「Z’us-G」

 本製品は、ノートPC向けHDD用のガラス基板加工技術を応用したもの。薄くて頑丈な表面硬度9Hのアルミノシリケートガラスを採用し、優れた耐衝撃性と曲げ強度を実現した。液晶画面に汚れがつきにくい指紋表面防汚コートによる、スムーズな操作も可能となっている。万が一割れた場合のために飛散防止フィルムも採り入れたほか、吸着面は自然に付着が進むため気泡ができにくい仕様だ。

 製品ラインアップには、高い透過率を誇る「ハイクリア」と、ブルーライトを約28%カットする「ブルーライトカット」を用意した。対応機種はiPhone 4/4SとiPhone 5、GALAXY S4で、ブルーライトカットはiPhone 5とGALAXY S4向けのみとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.