ニュース
» 2013年08月30日 14時43分 UPDATE

ソフトバンク、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE 102SH/102SH II」でソフトウェアアップデート

ソフトバンクモバイルは8月30日、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE 102SH」と「AQUOS PHONE 102SH II」でソフトウェア更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが8月30日、シャープ製のスマートフォン「AQUOS PHONE 102SH」と「AQUOS PHONE 102SH II」向けにソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「AQUOS PHONE 102SH」
photo 「AQUOS PHONE 102SH II」

 アップデートの詳細は以下のとおり。

  • S!メール(MMS)がWi-Fiでの送受信に対応
  • Wi-Fi接続の機能性が向上
  • 緊急速報メールまたは緊急地震速報の受信メッセージ一覧画面を表示後、いずれかのメッセージを受信した際、ポップアップ表示がされなくなる不具合の改善
  • 「エコ技設定」アプリの省エネ待受設定で「メール」アプリを動作制限対象に設定した場合、SMS、S!メール通知を受信できなくなる不具合の改善

 該当のユーザーにはお知らせメール(SMS)で通知し、メールに記載された日時に自動で新しいソフトウェアをダウンロードする。「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能だ。ソフトウェアのダウンロードは3G回線とWi-Fi回線どちらからでもできる。更新完了までの所要時間は最大20分ほどで、更新後のビルド番号は「S1040」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.