ニュース
» 2013年09月09日 00時00分 UPDATE

IFA 2013:HTCブースでHTC Oneの新色「Vivid Blue」を展示、OSはAndroid 4.3に

HTCはIFAで新製品を発表していないが、小規模なブースでスマートフォンを展示している。その中には「HTC One」の新色や、「HTC One mini」なども見られた。また、HTC OneのOSがAndroid 4.3にバージョンアップされていたので、改善された機能もチェックした。

[田中聡,ITmedia]
photo IFAのHTCブース

 HTCは「IFA 2013」で新製品は発表していないものの、小規模なブースを展示している。そこで目にしたのは、「HTC One」の新色「Vivid Blue」。このVivid Blueは、9月に欧州などで発売されるという。文字どおりビビッドなブルーが印象的な爽やかな色で、若者を中心に人気を集めそうだ。HTC Oneは日本ではKDDIから「HTC J One」として発売されており、8月末に新色の「メタルレッド」が加わったばかりだが、「ビビッドブルー」の登場にも期待したい。

photophoto
photophoto
photophotophoto
photophoto HTC Oneの新色「Vivid Blue」。ディスプレイ面のスピーカー周りもしっかりブルーになっている。側面や背面の樹脂の部分はブラックだ

 なお、ブースに展示されていたHTC OneのOSは最新のAndroid 4.3となっており、いくつかの機能改善が図られている。まず、HTC端末は従来から通知バーにWi-FiやBluetoothなどの設定パネルが用意されていないが、Android 4.3のHTC Oneでは、1本指で通知バーを呼び出して右上のアイコンを押すか、2本指で通知バーを呼び出す操作(上から下へスワイプ)をすると、各種設定パネルを呼び出せる。

photophotophoto OSは「Android 4.3」に。HTC Senseのバージョンは「5.0」で変わらない(写真=左)。通知バー右上のアイコンから、各種設定パネルを呼び出せるようになった。こちらは1本指で操作した場合。HTC端末には長らくこの設定がなかったので感慨深い(写真=中、右)
photo 2本指でスワイプすると、直接設定パネルが現れる

 ホームボタンのカスタマイズも可能になった。「設定」→「ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン」→「ボタン」に、ショートカットの設定ができる「ホーム」という項目を新たに用意。HTC J Oneではホームボタンを長押しすると、Google Nowが起動するが、このショートカットを「長押しでメニュー呼び出し、スワイプでGoogle Now呼び出し」に変更できる。これにより、各種アプリのサブメニューをホームボタンの長押しで呼び出せるようになる。

photophotophoto ホームの長押しでサブメニューを呼び出せる設定項目が新設されている(写真=左、中)。右上にあるメニューを押さなくても、ホームボタンの長押しでサブメニューを呼び出せる(写真=右)

 もう1つ、HTC J Oneではホーム画面のドックを変更する方法が分かりにくかった。ホーム画面上でドックのアプリをドラッグ&ドロップしても、ドックのアプリがホームにコピーされるだけで、ドックにはスペースが空かない。ドックにスペースを作るには、ドック上のアプリ同士を重ね合わせてフォルダ作成する必要がある……という謎の仕様だった。以前の機種はちゃんとドラッグ&ドロップでドック上のアプリを移動できたのだが、恐らくHTC Sense 5.0への移行に伴うバグのようなものだろう。Android 4.3のHTC Oneではこれが改善され、通常どおりドラッグ&ドロップでドックのアプリを移動できる。

photophotophotophoto Android 4.1のHTC OneやHTC J Oneでは、ドックのアプリをドラッグ&ドロップしても、なぜかコピーされるだけだった(写真=左端、左中)が、Android 4.3のHTC Oneではドラッグ&ドロップで移動できる(写真=右中、右端)。以前のHTC Senseでは、もともとできていたのに……。ともあれうれしい改善だ

 HTC Oneで撮影した写真や動画を、イベントや1日ごとに自動で30秒の動画にまとめて再生してくれる「ビデオハイライト」も改善されている。これまではプリセットされていた音楽しか利用できなかったが、端末に保存されている好きな音楽もBGMに選べるようになった。また、エフェクトは従来の6個から12個に増加している。

photophotophoto ビデオハイライト再生画面のサブメニューに「ミュージックを選択」「デフォルトのトラックに復元」という項目が追加され、端末に保存している曲もBGMに利用できるようになった(写真=左)。エフェクトは12種類になった。効果をイメージさせるサムネイルもある(写真=中、右)

 細かいところでは、「設定」→「電源」に「バッテリーレベルを表示」という項目が追加されており、バッテリー残量の%表示も可能になっている。

photo バッテリー残量の確認も可能に

 HTC J OneもOSアップデートによって、これらの機能が改善される可能性が高い。早いタイミングでのアップデートを望みたい。

 ブースではHTC Oneのミニサイズ版である「HTC One mini」も展示。メタルボディ、HTC BoomSound、HTC BlinkFeed、UltraPixel、HTC ZoeといったHTC Oneの特徴はそのままに、ディスプレイを4.3インチ(720×1280ピクセル)、本体幅を63.2ミリに抑えた。片手での操作に適したサイズといえる。

photophoto 「HTC One mini」
photophoto いずれの写真も左がHTC J One、右がHTC One mini

 4.3インチワイドVGAディスプレイや8Mピクセル搭載でデュアルSIMに対応する「HTC Desire 500」、4.0インチワイドVGAディスプレイや5Mピクセルカメラ搭載のWindows Phone 8スマホ「Windows Phone 8S」も展示していた。

photophoto スポーティなボディが印象的な「HTC Desire 500」
photophoto 「Windows Phone 8S」※初出時に写真の一部に誤りがありました。お詫びして訂正いたします(9/9 12:28)

9/10 20:51追記

 9月10日に、au向けHTC J OneのAndroid 4.2へのアップデートが開始されており(関連記事)、上記に紹介したアップデート内容の一部も含まれている。ただしHTC J Oneアップデート後も、ビデオハイライトで好きな音楽をBGMに設定することはできない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.