ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HTC Sense」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HTC Sense」に関する情報が集まったページです。

HTCの「U12+」は両面デュアルカメラで「切り欠き」なし
HTCがフラグシップ端末「HTC U12+」を発表した。両面デュアルカメラで、背面カメラは10倍のデジタル望遠も可能。切り欠きはない。(2018/5/24)

「HTC U11 life」も併せてチェック
「HTC U11+」先取りレビュー、“最強高級スマホ”への夢を遠ざける唯一の妥協とは
HTCのフラグシップスマートフォン「HTC U11+」は、デザインやパフォーマンスなど多くの点で、要求水準の高い人をも満足させる仕上がりになっている。ただ1つの“欠点”を除けば。(2017/12/16)

5.7型QHDディスプレイとサブディスプレイを搭載
徹底レビュー:「HTC U Ultra」、“主力一歩手前”デュアルディスプレイスマホの実力
上位ミッドレンジに位置付けられる「HTC U Ultra」は5.7型QHDディスプレイの他に各種情報を表示するサブディスプレイを搭載。サウンドやアシスタント機能などの先進機能を搭載する美麗スマートフォンの実力は?(2017/6/10)

グローバル版と同等の完成度――「HTC 10 HTV32」速攻レビュー
HTCが4月に発表した「HTC 10」が、auの2016年夏モデルとして登場する。グローバル版とほぼ同一仕様で登場する日本版HTC 10はどのようなものか、実機で確かめてみよう。(2016/5/31)

HTC、5.5型の「HTC One X9」を中国で発表
HTCが5.5型のAndroid端末「HTC One X9」を中国で発表した。価格は2399元(約4万5000円)。One A9で消えた前面のステレオスピーカーが復活した。(2015/12/25)

楽天モバイル、2015-2016年冬春モデル7機種のセット販売を開始――限定機種&カラーも
楽天モバイルで、2015-2016年冬春モデルとなるスマートフォン4機種、タブレット2機種、モバイルルーター1機種とSIMカードのセット販売がスタートした。(2015/10/29)

HTC、ミッドレンジとは言いがたい高性能な「HTC One A9」を400ドル(特別価格)で発売へ
HTCが、3月に発表した「HTC One M9」よりプロセッサやカメラの性能は低いが、最新Android搭載で指紋認証機能もサポートするミッドレンジ端末「HTC One A9」を11月にワールドワイドで発売する。(2015/10/21)

「デザイン」と「サポート」で差別化――HTCがSIMフリー市場に本格参入する狙い
HTCがSIMロックフリースマートフォン2機種を日本で発売する。2014年から多くのメーカーがSIMフリー市場に参入するなか、HTCはどのような武器を持って攻勢をかけていくのだろうか?(2015/10/2)

HTC、米国でDesireシリーズの廉価モデル4機種を発表
HTCが、ハイエンドの「HTC One」シリーズの機能を手頃な価格で提供する「HTC Desire」シリーズで、新たに4機種を発表した。(2015/7/16)

ハイレゾ再生の魅力を実感:
PR:これが本当にスマホの音?――「HTC J butterfly HTV31」ブロガーイベントリポート
スマートフォン関連としては珍しい“音”をテーマにしたブロガーイベント「HTC J butterfly HTV31ハンズオンイベント」を開催しました。「原音を忠実に再現する」というオーディオの視点にこだわり、HTV31が作られていることを語るスペシャルなイベント。 これを機にスマホでハイレゾ再生にはまりそうな人続々。皆様の声をまとめてみました。(2015/6/18)

約1300万画素インカメラを搭載した「HTC J butterfly HTV31」、6月5日発売
KDDIが、HTC製の最新スマートフォン「HTC J butterfly HTV31」を、6月5日に発売する。(2015/6/1)

インカメラが1300万画素:
ディスプレイも、カメラも、サウンドも欲張りたい人に――「HTC J butterfly HTV31」
au向けのオリジナルスマホ「HTC J butterfly」がさらに機能アップして登場。ディスプレイは高精細なワイドクアッドHDになり、カメラは2020万画素のDUOカメラ+1300万画素のインカメラを装備、「HTC BoomSound」も強化した。【画像追加】(2015/5/14)

HTC、新フラッグシップ「HTC One M9」やフィットネス端末を発表
HTCがAndroidスマートフォンのハイエンドモデル「HTC One M9」を発表した。ディスプレイは5型で、アルミユニボディのシルバーモデルはゴールドの縁取りの2トーンだ。(2015/3/2)

フロントカメラも1300万画素:
HTC、セルフィー特化のAndroid端末「Desire Eye」を発表
HTCの新Desireは前面にも背面と同じ1300万画素のカメラを搭載するセルフィー(自分撮り)特化スマートフォン。音声でシャッターを切ったりフレームの中心に顔を配置できる「EYE Experience」がプリインストールされている。(2014/10/9)

カメラや新UIを試す:
写真で解説する「HTC J butterfly HTL23」(ソフトウェア編)
8月29日に発売を予定している、KDDIとHTCが共同開発した「HTC J butterfly HTL23」。ソフトウェア編では、新機能満載の「DUO CAMERA」や「HTC SENSE 6」を中心に、改善・変化したところをリポートしよう。(2014/8/21)

1300万画素の「デュオカメラ」を搭載――KDDI、「HTC J butterfly HTL23」を8月下旬以降に発売
KDDIが、新しい「HTC J butterfly」を発表。人間の目のように奥行きを検知できる「デュオカメラ」を搭載するほか、ハイレゾ音源の再生に対応するなど音楽機能も進化。キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+にも対応する。(2014/7/31)

Google、時計/TV/車向けAndroidではサードパーティーによるカスタマイズを禁止
GoogleのAndroidエンジニアリング担当ディレクターが、Android Wear、Android Auto、Android TVのUIはOEMではなくGoogleが管理し、ソフトウェアアップデートもGoogleが直接行うと語った。(2014/6/30)

Mobile World Congress 2014:
HTC、5.5インチのハイエンドミッドレンジ(?)「Desire 816」発表
HTCのミッドレンジシリーズ「Desire」のハイエンド端末「Desire 816」はシリーズ最大の5.5インチディスプレイでLTEにも対応。カラーは緑やオレンジを含む5色だ。(2014/2/25)

HTC、5.9インチで指紋認証機能搭載の「HTC One max」を発表
HTCが、4.7インチのフラッグシップ端末「HTC One」より一回り大きい「HTC One max」を発表した。背面に指紋認証用スキャナーを備える。(2013/10/15)

IFA 2013:
HTCブースでHTC Oneの新色「Vivid Blue」を展示、OSはAndroid 4.3に
HTCはIFAで新製品を発表していないが、小規模なブースでスマートフォンを展示している。その中には「HTC One」の新色や、「HTC One mini」なども見られた。また、HTC OneのOSがAndroid 4.3にバージョンアップされていたので、改善された機能もチェックした。(2013/9/9)

HTC、「One」の機能を使えるミッドレンジ「Desire 601」発表
HTCが、Android搭載フラッグシップ端末「HTC One」よりも手ごろな価格で「HTC BoomSound」や「HTC Zoe」などの機能を使えるミッドレンジ端末「Desire 601」と、さらに低スペックの「Desire 300」を発表した。(2013/9/3)

HTC、4.5インチ、デュアルSIMの「Desire 600 Dual Sim」を発表
HTCが、Desireシリーズの最新モデル「Desire 600 Dual Sim」を発表。スペックはミッドレンジだがデュアルSIMで、HTC J Oneと同様にBlinkFeedやBoomSoundを利用できる。(2013/5/27)

PR:“本当の快適さ”とは何か――「HTC J One」に見る革新性
グローバルモデル「HTC One」をベースに、日本仕様を盛り込んだ「HTC J One」は、ユーザーにいかに快適にスマートフォンを使ってもらうかを考え抜いた末に生まれたモデル。そのHTC J Oneの注目ポイントを本田雅一が解説する。(2013/5/22)

「HTC J One」の開発思想を聞く(1):
PR:HTCの新しいDNAを注入して完成した“フルメタルボディ”と“HTC BlinkFeed™”
海外で発売された「HTC One」のデザインや機能の特徴はそのままに、日本向けのカスタマイズを施した「HTC J One」。本機はこれまでのスマートフォンとは何が違うのか。商品企画部門の伊藤泰氏に話を聞きながら、開発思想をひもといていく。今回はデザインとUIに焦点を当てた。(2013/5/20)

新しいHTC One、米国で3キャリアが発売
アルミユニボディが特徴のAndroidスマートフォン「HTC One」が米国で発売された。アンロック版の価格は32Gバイトモデルが574.99ドル、64Gバイトモデルが649.99ドルだ。(2013/4/22)

最新スマートフォン徹底比較:
5インチフルHDスマホ比較(ソフトウェア編)――ホーム画面&基本UIが使いやすい機種は?
これまでは基本スペックやベンチマークスコアを比較してきたが、今回はソフトウェアを取り上げる。ロック画面、ホーム画面、アプリトレイ、通知バーなど、細かいところまでチェックした。(2013/4/11)

「Facebook Home」は“人が中心”のホーム画面 搭載端末「HTC First」も
FacebookがAndroid端末向けホームスクリーン「Facebook Home」とこれをプリインストールしたスマートフォン「HTC First」(AT&Tが99.99ドルで12日に発売)を発表した。Homeは4月12日にGoogle Playからダウンロードできるようになる。(2013/4/5)

Facebookの4日の発表は端末ではなくオリジナルスキン?
Facebookの4月4日のプレスイベントでは、Facebookに特化したAndroid用の独自スキンを発表するのではないかとみられている。(2013/4/1)

HTC、ハイエンドAndroid「new HTC One」発表
HTCが、アルミ一体型ボディの薄型4.7インチAndroid端末「new HTC One」を発表した。QualcommのクアッドコアSnapdragon 600を搭載するハイエンドスマートフォンだ。(2013/2/20)

「HTC J butterfly HTL21」の“ここ”が知りたい:
第2回 ホーム画面の操作性はどう? サクサク動く?――「HTC J butterfly HTL21」
スマートフォンの顔ともいえるホーム画面。「HTC J butterfly」ではHTCが開発した「HTC Sense 4+」が採用されており、さらに操作性に磨きがかけられている。そのUIと、動作がどれだけスムーズなのかを紹介しよう。(2013/2/12)

本当に“ひとめぼれ”する?:
写真と動画で解説する「HTC J butterfly HTL21」
LTE、5インチフルHD液晶、クアッドコアCPU、Android 4.1などau冬モデルの中でも一際高いスペックが目を引く「HTC J butterfly」。デザインも初代HTC J以上に洗練された印象で、美しさと高機能を兼ね備えた注目の1台だ。(2012/10/18)

HTC、Android 4.1搭載の4.7インチハイエンド端末「One X+」を発表
Microsoftと共同でWindows Phone 8端末を披露したばかりのHTCが、Googleの最新OS「Android 4.1」搭載スマートフォン「HTC One X+」を10月中に発売すると発表した。(2012/10/3)

遠隔操作でスマホを初期化――Android端末の脆弱性、HTC端末やMotorola端末でも
韓Samsung製のGalaxy端末に、遠隔操作でスマホが初期化される脆弱性があると報告されているが、他メーカーの端末でも同様の脆弱性があることが確認された。(2012/9/28)

石野純也のMobile Eye(4月9日〜4月20日):
HTCが日本特化スマホを開発した理由/絵文字統一で変わること/MMS対応でau版iPhone 4Sが優位に?
この2週間は後半に大きなニュースが集中した。特に注目は、発表されたばかりのauスマートフォン「HTC J ISW13HT」だ。事業者間の絵文字統一に向けた取り組みや、au版iPhone 4SのMMS、ビジュアルボイスメール対応などもピックアップした。(2012/4/20)

KDDI×HTC:
技術オリエンテッドなHTCが“カワイイ”に目覚めた日――国内向け「HTC J」を生んだ新戦略
ハイスペックを武器に“グロスマ”の市場地図を塗り替えてきたHTC。そのHTCが日本専用スマホを開発した陰には、チョウCEOに「カワイイとはこういうことだ!」とレクチャーする存在があった。そう、KDDIの田中社長である。(2012/4/20)

写真と動画で解説する「HTC J ISW13HT」
HTCが開発したau向けスマートフォン「HTC J ISW13HT」は、デザイン、機能、ソフトウェアなどさまざまな面で日本向けのカスタマイズが施されている。どんなところに注力して開発されたのか。主な見どころをリポートしよう。(2012/4/20)

最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):
第6回 ホーム画面が使いやすいスマートフォンは?――18種類を検証
スマートフォンの使いやすさを左右する要素の1つがホーム画面だ。AndroidではさまざまなホームUIがプリセット、提供されているが、どれが使いやすいのか。メーカー提供のホームUIを中心に、冬春モデルで検証した。(2012/4/20)

「HTC One」の日本登場は?:
スペックよりも体験、マジョリティ層も狙う――HTCスマートフォンの向かう先
イノベーター層を中心とした“通好み”の機種が多いイメージのあるHTC端末だが、HTCは女性をはじめとするマジョリティ層も狙っていく。HTC Nipponの村井社長とHTC CPOの小寺氏が、同社の商品作りのあり方や、新しいHTC Oneシリーズを語った。(2012/3/27)

Mobile World Congress 2012:
HTC Sense 4.0で何が変わった?――「HTC One」の新UIを試す
MWCで発表された「HTC One」シリーズは、Android 4.0への対応に伴い、UIもHTC Sense 4.0にバージョンアップしている。何が変わったのか。ホーム画面、カメラ、音楽機能を中心にチェックした。(2012/3/1)

Mobile World Congress 2012:
カメラと音楽機能を強化――HTCがスマートフォンの新シリーズ「HTC One」を発表
HTCがMobile World Congress 2012の開催に先立ち、スマートフォンの新シリーズ「HTC One」に属する3機種を発表した。いずれもAndroid 4.0を搭載し、カメラと音楽を中心に機能や操作性が向上している。(2012/2/28)

たまねぎIT戦士のEVO体験記:
最終回 OSアップデートでEVO WiMAXの“弱点”が減ってきた
待ちに待ったAndroid 2.3へのアップデートを経て、EVO WiMAXでキャリアメールが使用可能になった。OSアップデートを繰り返し、着実に使いやすい端末になってきていると思う。ついにbiblioを解約してEVO WiMAXの1台持ちにしたが、ケータイとしての機能はどうなのだろう。(2011/10/17)

秋葉原と有楽町で発売記念セレモニー:
「最新、最速、最高のユーザー体験を」――HTCとKDDIがHTC EVO 3Dをアピール
HTCが「HTC EVO 3D ISW12HT」の発売記念セレモニーを開催し、あらためて同モデルの魅力をアピールした。奇しくも「iPhone 4S」の予約開始日と発売日が重なったが、その自信のほども聞いた。(2011/10/7)

HTC、4.7インチ画面のAndroid端末「Sensation XL」を発表
「HTC Sensation XL」は、Mango端末「HTC TITAN」とほぼ同じスペックで、Beats Electronics製の高性能ヘッドセットが付属するAndroid 2.3スマートフォンだ。(2011/10/7)

「日本は戦略的に最も大切な市場」――EVO 3Dで見せるHTCの意気込み
HTCのWiMAX対応の第2弾スマートフォン「HTC EVO 3D ISW12HT」が10月7日に発売される。これを受けてHTCがプレス発表会を実施。HTC Watch、3D撮影、HTC Sense 3.0などの見どころが紹介された。(2011/10/5)

神尾寿の時事日想・特別編:
2011年秋冬モデルに見る、「スマホ時代に最適化」されたauの戦略
2010年秋、KDDIの田中孝司氏が社長就任時に言ったのが「スマートフォンへの対応が遅れた」。あれから1年、スマートフォン重視の姿勢で新しい体制作りを行ってきたKDDIはどこまで成果を出せたのか。先日発表されたauの2011年秋冬モデルを見ながら考えたい。(2011/9/29)

写真で解説する「HTC EVO 3D ISW12HT」
日本初のWiMAX対応スマホとして注目をあびた「HTC EVO WiMAX」が、「デュアルコアCPU」「3D」という新たな魅力を携えた「HTC EVO 3D ISW12HT」に進化した。UIの改良や独自の映像配信サービスなども見所だ。(2011/9/26)

+WiMAX対応:
HTC EVOにデュアルコアCPUと3Dカメラを搭載――「HTC EVO 3D ISW12HT」
「HTC EVO 3D ISW12HT」は、au初のWiMAX対応スマートフォン「HTC EVO」の後継モデル。新たにデュアルコアプロセッサと3Dカメラを搭載し、ディスプレイも高解像度化を果たした。独自UIのHTC Sensも進化し、HTC Watchで映画も楽しめる。(2011/9/26)

WiMAX対応、デュアルコア、防水のAndroidにWiMAX+3Gルーターも――au 2011年秋冬モデル11機種
KDDIが2011年秋冬モデルを発表。法人向けのケータイやタブレットを含む全11機種をラインアップした。Androidスマートフォンには、かねてからの予告通りWiMAXに対応したモデルを4機種追加。さらに「IS03」の後継モデルや「MEDIAS」ブランドの新スマートフォンも登場する。3GとWiMAXに対応したモバイルWi-Fiルーターも用意した。(2011/9/26)

スマートフォン選びの一助となるか:
「グロスマ」って何?
今年に入り急激に普及が進んだスマートフォン。特にAndroid端末の場合、OSが同じだけにメーカーや機種による違いが使い勝手に大きく影響する。購入後も満足して使えるスマートフォン選びのポイントについて考えてみよう。(2011/9/21)

HTC、Windows Phone Mango端末「TITAN」と「Radar」を発表
HTCのWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「TITAN」は、4.7インチの大画面と9.9ミリという薄さが特徴。10月発売の予定だ。(2011/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。