ニュース
» 2013年10月01日 17時08分 UPDATE

ソフトバンク、「AQUOS PHONE ss 205SH」と「Sweety 003P」のソフトウェアアップデート

ソフトバンクモバイルは10月1日、「AQUOS PHONE ss 205SH」と「Sweety 003P」の不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは10月1日、シャープ製の「AQUOS PHONE ss 205SH」とパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「Sweety 003P」のソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートの詳細は以下の通り。

AQUOS PHONE ss 205SH

photo 「AQUOS PHONE ss 205SH」

 今回のアップデートにより、4G通信中に端末が再起動する不具合が改善される。対象ユーザーにはSMSで通知し、メールに記載の予定日時に自動でダウンロードが開始される。「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」で手動更新も可能だ。更新所用時間は最大20分で、更新後のビルド番号は「S0006」になる。

Sweety 003P

photo 「Sweety 003P」

 今回のアップデートで、複数のSMSを同時受信すると、一部の受信済みSMSが表示されない不具合が改善される。対象ユーザーにはSMSで通知し、記載の日時に自動でダウンロードを行う。「メニュー」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「サーバーから更新」で手動更新もできる。更新所用時間は最大40分で、更新後のビルド番号は「07.0922」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.