ニュース
» 2013年10月10日 16時06分 UPDATE

ネットワークもデバイスもOSも回線契約も:NTTドコモ、docomoID認証本格導入で「4つのフリー」を

NTTドコモは、「docomoID」認証を本格的に導入することを明らかにした。ドコモ回線契約の有無に関係しないドコモ主要サービスの提供を目指す。

[長浜和也,ITmedia]

 NTTドコモは、「docomoID」認証を11月13日から本格的に導入することを明らかにした。現在、NTTドコモでは、主に回線認証をベースにして各種サービスを提供しており、docomoID認証は利用料金の確認などの一部サービスでのみ利用したが、本格導入以降は、各種サービスの統一認証方法としてdocomoIDを使うことになる。

 docomoIDによる認証によって、回線の種類(XiやFOMA、無線LAN、各種有線LAN)や、利用するデバイスの違い(スマートフォンやタブレット、PCなど)、OSの違い(WindowsやMac OS、Android、iOSなど)、さらには、ドコモ回線の契約の有無に関係なく、ユーザーは「ネットワークフリー」「デバイスフリー」「OSフリー」「キャリアフリー」でドコモのサービスを利用できるようになると説明している。

 NTTドコモでは、docomoID認証の本格導入に伴って、「ネットワークフリー」「デバイスフリー」「OSフリー」「キャリアフリー」を各種サービスで段階的に実現する計画で、dマーケットなどの主力サービスでは2014年3月までにキャリアフリーを実現する予定だ。

関連キーワード

NTTドコモ | 認証 | dマーケット | docomo ID


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.