ニュース
» 2013年11月05日 11時54分 UPDATE

ドコモ、「REGZA Phone T-02D」のOSバージョンアップを開始 Android 4.1へ

ドコモは、富士通製「REGZA Phone T-02D」のOSバージョンアップを開始した。Android 4.0から4.1にバージョンアップする。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは11月5日、富士通製スマートフォン「REGZA Phone T-02D」のOSバージョンアップを開始した。

photo 「REGZA Phone T-02D」

 今回のアップデートにより、起動中のアプリをすべて終了できる「全アプリ終了」機能や「NX!ホーム」のアイコンをカスタマイズできる機能、プリインストールされているブラウザで選択した文字からすぐに辞書を呼び出せる「すぐ辞書」機能などが追加される。また、文字入力のキーボードの高さや幅の調整、背景画像の変更が可能となった。そのほか、伝言メモ設定時に設定秒数を経過しても伝言メモガイダンスにつながらない不具合が改善される。

 OSバージョンアップは、端末本体(Wi-Fi経由)かPCで行う。端末本体では「設定」→「端末情報」→「Androidバージョンアップ」と操作する。更新時間は、端末本体が約44分で、PCが約46分。更新後のビルド番号は「V10R36A」になる。

 ドコモは、OSバージョンアップ後に「spモードメール」ほか、普段利用しているアプリケーションのアップデートをするよう案内している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.