ニュース
» 2014年01月10日 12時21分 UPDATE

2014 International CES:日本でも人気の「ELEMENTCASE」がiPhone用の新作ケースを展示

iPhoneやiPad用ケースのブランドとして日本でも人気の「ELEMENTCASE」ブースには、木を使った人気の「RONIN」シリーズの新作や、軽くて強いガラス繊維素材「G10」を使ったケースが展示されている。

[房野麻子,ITmedia]
photo 「ELEMENTCASE」ブース

 iPhoneやiPad用ケースのブランドとして日本でも人気の「ELEMENTCASE」ブースには、木を使った人気の「RONIN」シリーズの新作や、軽くて強いガラス繊維素材「G10」を使ったケースが展示されている。多くが日本でも販売される予定だ。

 主力のRONINシリーズは、銃のグリップやナイフの柄に使われる木を側面に使ったケースとして知られており、ブースではCOCOBOLOという木を使った新作「RONIN COCOBOLO」が展示されていた。また、軽くて強く、こちらも銃やナイフのグリップでよく使われるガラス繊維素材G10をサイド部分に使った「RONIN G10」も注目を集めていた。RONIN G10は底面部分の素材にチタン、ステンレス、アルミを使った3タイプがラインアップされ、価格はこのクラウンの素材によって異なる。チタンを使ったタイプは299ドルと、RONINシリーズで最も高額だ。


photo 主力の「RONIN」シリーズ。左はガラス繊維素材G10を使った「RONIN G10」。右がCOCOBOLOという木を使った「RONIN COCOBOLO」

 銃のグリップやナイフで有名な米国ブランド「HOGUE(ホーグ)」とのコラボレーションモデルも展示されていた。RONINシリーズがベースとなっており、背面にHOGUEの製品と同じ素材や加工が採用されている。

photo 銃器のグリップやナイフで有名な「HOGUE(ホーグ)」とのコラボレーションシリーズ。背面にHOGUE製品と同様の加工が施されている

 イタリアのバイクメーカー「DUCATI(ドゥカティ)」とコラボレーションした製品も登場。ポリカーボネートとアルミを使った「SOLACE」シリーズと、耐衝撃性に優れたTPUとカーボンを使った「ION 5」シリーズをベースにしており、DUCATIのロゴの色が異なる3タイプが用意されている。ブランドイメージを大事にするため、バイク関連の専門店で扱う予定だという。

photophoto 「DUCATI(ドゥカティ)」とのコラボレーションシリーズ。「SOLACE」ベースは99ドル(写真=左)。「ION 5」ベースは59ドル(写真=右)

 iPhone 5c用のケースも新たに提供する。従来は高級品志向のケースを提供してきたが、カジュアルなiPhone 5c向けに、カラフルで価格も抑えめ。米国では34.95ドルで販売される。

photophoto 展示されていた製品の多くがiPhone 5s/5用のケースだが、こちらはiPhone 5c用。カラーバリエーションが豊富に用意され、価格も35ドル程度と抑えめだ(写真=左)。毎年、干支をデザインしたケースも数量限定で販売される。RONINをベースにしたモデルは60個限定、SOLECEベースのモデルは1200個限定だ(写真=右)

関連キーワード

iPhone | 保護ケース | ポリカーボネート


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.