ニュース
» 2014年02月17日 07時00分 UPDATE

専用アプリでのみ撮影可能に――トヨタ自動車九州らがiPhone向けカメラソリューションを開発

iPhoneのカメラ機能を制限しながら業務に活用できるカメラソリューションが登場。トヨタ自動車九州の自動車生産業務で活用を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 トヨタ自動車九州とTRIARTは、米AppleとMobileIronの協力によるiPhone向けカメラソリューション開発を2月14日に発表した。

PhotoPhotoPhoto iPhone向けカメラソリューションの画面イメージ

 本システムは、iPhoneによる画像撮影から保管画像の閲覧までを一元的に管理できるのが特徴。標準搭載されたカメラを制限し、システム専用のカメラアプリでのみ撮影を可能にする。カメラ起動時は社員番号の入力で認証するため撮影者を特定でき、撮影画像は端末内ではなく専用の管理サーバにアップロードされる。さらに、閲覧者を撮影者と管理者のみに限定することで、画像による情報流出を防げる。

 トヨタ自動車九州の自動車生産業務への本格活用を開始し、今後は業務用ソリューションとしての市販も検討しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう