ニュース
» 2014年02月24日 07時45分 UPDATE

Apple、iOS 6と7のアップデート公開 SSL/TLS通信傍受の恐れ

SSL/TLSで保護されているはずのセッションのデータが傍受されたり、改ざんされたりする恐れがあった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは2月21日、iPhoneやiPad向けのOSアップデートとなる「iOS 7.0.6」「iOS 6.1.6」を公開し、1件の脆弱性を修正した。また、「Apple TV 6.0.2」でも同じ脆弱性を修正している。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートではデータセキュリティ関連の脆弱性を修正した。Secure Transportで接続の認証がチェックされず、SSL/TLSで保護されているはずのセッションのデータが傍受されたり、改ざんされたりする恐れがあった。

 この問題は、欠けていた認証チェックの手順を修復することによって修正したとしている。

ios01.jpg アップデート概要

 iOS 7.0.6はiPhone 4以降とiPad 2以降、および第5世代のiPod touchが対象。iOS 6.1.6はiPhone 3GSと第4世代のiPod touchに対応する。Apple TV 6.0.2は第2世代以降のApple TVが対象となる。

関連キーワード

iOS | Apple | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.