ニュース
» 2014年04月08日 11時32分 UPDATE

Qualcomm、64ビットの「Snapdragon 810/808」を発表

Qualcommのモバイル向けハイエンドプロセッサ「Snapdragon 800」シリーズの次世代モデルは64ビットとLTE(Cat 6)をサポートし、上位の「810」は4K解像度に対応する。

[ITmedia]

 米Qualcommは4月7日(現地時間)、モバイル製品向けプロセッサの新製品「Snapdragon 810」と「Snapdragon 808」を発表した。いずれも64ビットで、LTE Advanced(Cat 6)をサポートする。

 snap

 昨年1月に発表した32ビットプロセッサ「Snapdragon 800」「Snapdragon 600」の後継に当たる。同社は昨年12月に発表した「Snapdragon 410」から64ビットにシフトしている。

 810と808の主な違いは、810が4K解像度(3840×2160ピクセル)をサポートする点(808は2560×1600ピクセル)。

 810はARM Cortex-A57とCortex-A53を組み合わせた8コアで、QualcommのGPU「Adreno 430」を搭載する。Adreno 430は先代のAdreno 420よりグラフィックス性能は最大30%向上し、消費電力は20%削減するという。

 新プロセッサ搭載製品は2015年上半期に登場する見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.