ニュース
» 2014年04月21日 21時55分 UPDATE

ファーウェイ、キッズケータイ累計出荷100万台突破記念キャンペーンを実施

ファーウェイは「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数100万台突破を記念し、5月12日より「キッズケータイ100万台突破 ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施する。

[陰山遼将,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンは4月21日、「キッズケータイ100万台突破 ありがとう! 夢へのトビラ キャンペーン」を実施すると発表した。期間は5月12日から 6月1日まで。

photo 「キッズケータイ HW-01D」

 これはNTTドコモより発売中の「キッズケータイ HW-01D」の累計出荷台数が100万台を突破したことを記念するもので、応募者には抽選でサッカー選手やパティシエになるための特別1日レッスンなど、「子どもの夢を応援する」賞品をプレゼント。応募方法や詳細は、キャンペーン開始時にWebサイトで告知する。

 また5月17日には、キッズケータイ HW-01Dタッチ&トライ/DANDELION RACING(ダンディライアン レーシング)レースカー記念撮影イベントを、千葉市・美浜区のイオンモール幕張新都心 ファミリーモール1階ファミリーコートで開催する。

 キッズケータイ HW-01Dは2012年9月からNTTドコモより販売中の携帯電話で、4月中旬に累計出荷台数100万台を突破。子どもの安心・安全のため機能を絞った製品となっており、通話、防犯ブザー、GPSなどを搭載。なおiモードとEメールには非対応で、通話とSMSの利用はあらかじめ登録した相手に限定される仕組みとなっている。

 キッズケータイの防犯ブザーが鳴った際、端末の位置情報をもとにALSOKのガードマンが子どものいる場所へ駆けつける「ALSOK 子ども向けかけつけサービス」も提供されている。本体は防水、防塵対応に加え、ボディ部分には強化プラスチック、液晶部分にはスーパーハードコーティングを施している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.