連載
» 2014年06月23日 18時04分 UPDATE

山根康宏の中国携帯最新事情:中国で始まった“Xiaomi包囲網”(前編)──「紅米」「Mi3」を追撃するHuawei (1/2)

中国の新興メーカー「Xiaomi」が急激にシェアを伸ばしている。大手メーカーも対抗製品の投入を始めているが、Xiaomiの勢いを止めることはできるのだろうか?

[山根康宏,ITmedia]

販売台数トップになったXiaomiの勢い

 中国国内スマートフォン市場でXiaomi(小米科技、シャオミ)の勢いが止まらない。中国のスマートフォン販売数の上位はサムスン電子、レノボ、そして、Coolpadブランドでスマートフォンを展開しているYulong Computer Telecommunication Scientific(宇龍計算機通信科技)が続くという3社のスリートップ状態が長く続いていた。ところがここに割って入ってきたのがXiaomiだ。

 調査会社のCounterpointによると、2014年第1四半期における中国のメーカー別スマートフォン販売シェアでXiaomiが11%で3位に入った。4位のCoolpadとAppleのシェアは10%、2位のレノボは12%と、Xiaomiを含めた4社が互角に戦っている。しかも、サムスン電子やレノボ、Coolpadがハイエンドからエントリーモデルまで20機種以上を展開することで圧倒的な販売数を記録している中、Xiaomiは主力モデルはわずかに3機種、2013年販売の製品を加えても5機種しかない。

 また機種それぞれの販売台数でもXiaomiの躍進は著しい。同じくCounterpointの調査によれば2014年4月の中国機種別販売ランキングでXiaomiの現行モデル3機種がトップ10入りした。しかも、販売1位にはXiaomiの低価格モデル「紅米」が躍り出た。2位と3位はAppleのiPhoneが食い込んでいるものの、5位にはXiaomiの上位モデル「Mi3」(小米3)が姿を見せており、2015年4月に発表した5.5型の低価格ファブレット紅米Note」も7位につけている。

kn_yamane06_01.jpgkn_yamane06_02.jpg Counterpointによる2014年第1四半期の中国スマートフォン販売シェアは、メーカー別でXiaomiが3位。また4月の機種別販売シェアではXiaomiの「紅米」が1位になった

 インターネットによるオンライン販売が基本のXiaomiも、今や中国3大通信事業者が製品を取り扱っており各社の店舗で実機を試してから購入できる。また、街中の独立系の携帯電話販売店もオンラインで販売しているXiaomiのスマートフォンを転売している場合が多く、定価に500元-1000元の価格を上乗せして販売している。低価格が売りのはずのXiaomiが定価より高い価格でも売れるのである。Xiaomiの魅力はもはや「価格」だけではなく、それを持つことで満足感を得られる製品になっているわけだ。

kn_yamane06_03.jpgkn_yamane06_04.jpg Xiaomiの看板を掲げる独立系の店も出てきている。もちろん非公式ショップで販売価格もXiaomiのオンライン販売価格より高い(写真=左)。一方で、中国移動、中国聯通、中国電信の各事業者もXiaomiの扱いを始めており、2年契約で無料など割引販売も行っている(写真=右)

 中国で成長を大手メーカーをしのぐほどに成長したXiaomiは、国外展開も着々と進めている。販売数は順調に伸ばしていくだろう。とはいえ、Xiaomiにはまだまだ乗り越えなくてはならない壁もある。「紅米」は低価格で販売数トップとなったものの、上位モデルの「Mi3」はiPhone 5sを超えていない。Mi3とiPhone 5sの価格はそれぞれ1999元(2014年4月現在)と5288元(同)。価格差が約2.5倍もあるiPhone 5sの販売台数が上だ。

 また、ファブレットで比べてみても「紅米Note」はサムスン電子の「GALAXY Note 3」に及ばない。「紅米Note」のすぐ後には同じサムスン電子の「GALAXY GRAND 2 Duos」がわずかの差で続いている。大画面モデルにおけるサムスン電子の強さを如実に表している。スペックの差もあるだろうが、やはり、ブランド力という点において、XiaomiとApple、サムスン電子の間には大きな差があるということだろう。

kn_yamane06_05.jpgkn_yamane06_06.jpg 一時期の勢いはなくなったものの、中国におけるiPhoneの人気は依然として高い(写真=左)。ファブレットでほかを寄せ付けない人気があるGALAXY Note 3(写真ー右)

 Xiaomiの急成長は「オンライン販売への特化」(店舗など無駄なコストの削減)に「限定数注文受付」(余剰在庫ゼロ)」、そして、「ユーザーの声を直接取り入れる」(ユーザー視点の製品開発)など、これまでのスマートフォンメーカー各社とは異なる戦略に因るところが大きい。Xiaomiの製品は、部材レベルでは半導体ベンダーのハイエンドパーツを組み込んでいる。ただ、それはほかのメーカーでも採用できるものばかりだ。

kn_yamane06_07.jpgkn_yamane06_08.jpg シャープ、または、LGのディスプレイ、ソニーのカメラ、フィリップスのフラッシュなど、Mi3の製品紹介には部材のメーカー名を明記している(写真=左)。そのほかにも、Xiaomiは採用する大手メーカーのパーツを公開している(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.