ニュース
» 2014年10月01日 12時19分 公開

Chromecastにがっかりして作った:Firefox OS搭載のメディアストリーミング端末、Kickstarterで始動

GoogleのChromecastが非オープンなことにがっかりした開発者らが、オープンなハードウェア/ソフトウェアのストリーミング端末「Matchstick」のプロジェクトを立ち上げた。Chromecastより10ドル安い25ドルで2月に発売する計画だ。

[ITmedia]

 米新興企業Matchstickは9月30日(現地時間)、MozillaとともにFirefox OS搭載のストリーミング端末「Matchstick」プロジェクトを米Kicksterterで立ち上げた。

 stick 1 立ち上げ初日、既に目標額の85%を達成

 同社のショーン・バウ氏はMozillaの公式ブログで、「GoogleのChromecastが発表されたとき、その可能性に期待したが、オープンではないのでがっかりした」ので、完全にオープンなストリーミング端末の発売を思い立ったと語った。ソフトウェアだけでなく、ハードウェアの仕様もオープンだ。

 MatchstickはChromecastと同様に、テレビやディスプレイのHDMI端子に挿して使う。Wi-Fiネットワークに接続すれば、Firefox、Chrome、iOS、Androidの画面をテレビやディスプレイの大画面にミラーリング(Matchstickは「Fling」と呼ぶ)できる。また、ほとんどのChomecastアプリは既にバイナリコンパチブルになっているという。

 stick 2

 プロジェクトが成立すれば、来年2月に25ドルで発売する計画(Chromecastは35ドル)。

 Matchstickは開発者に対し、アプリ制作に参加するよう呼び掛けている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう