ニュース
» 2014年10月30日 20時44分 UPDATE

Lenovo、Motorolaの買収手続きを完了:レノボ・ジャパン社長、Motorola買収完了でコメント

スマートフォン「Moto X」やスマートウォッチ「Moto 360」などのMotorola製品は日本市場にも登場するのだろうか。

[ITmedia]

「計画を練ることが可能になった」

 Lenovoは、10月30日(現地時間)にGoogleからMotorola Mobility(以下、Motorola)の買収を完了したと発表した。今後、Motorolaの製品ラインアップ「Moto X」「Moto G」「Moto E」「DROID」シリーズや今後開発を予定しているロードマップをLenovoが取り扱うことになる。Lenovoは、Motorola事業を4〜6四半期で黒字に転換する予定だ。

kn_lenovomoto_02.jpg

kn_lenovomoto_01.jpg 左からMotorola取締役議長に就任したリュウ・ジュン氏、Lenovo CEOのヤン・ヤンチン氏、Motorola社長に留まるリック・オステーロー氏

 Motorolaは、レノボの完全子会社となり約3500人の社員はレノボが受け入れる。Motorolaの取締会議長はLenovo Mobile Business Groupエグゼクティブバイスプレジデントのリュウ・ジュン氏が兼任する。Motorola社長兼COOのリック・オステーロー氏は買収完了後も留任する。

 なお、レノボ・ジャパン代表取締役社長のロードリック・ラビン氏は、今回の買収完了に伴いコメントを出しているが、この中で、日本市場におけるMotorolaブランド製品の投入について、具体的な計画には言及していないものの、「日本のスマートフォン市場への将来的な参入の可能性に向けて、戦略的な形で計画を練ることが可能になった」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.