レビュー
» 2015年12月28日 14時28分 UPDATE

超個性派! メタリックなヘビ柄ケース「PYTHON PU LEATHER」でiPhoneをド派手に

UNiCASEの「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」は、ヘビ(パイソン)柄のド派手なスマホケースだ。

[平賀洋一,ITmedia]

 年末年始に合わせてスマートフォンケースを買い替えたい――という人も多いのでは? スマホはそうそう機種変更できないけれど、ケースだけなら節目節目に交換して気分を一新! ということも簡単だ。

 せっかくなら思いっ切り個性的なケースにしたい時にオススメなのが、エム・フロンティアの「UNiCASE」ブランドから登場したヘビ柄の「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」(税別3000円)。見ての通りド派手でワイルド、チラっと見せるだけでも持っている人の印象まで変わりそうな、超個性アイテムだ。

「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」のパッケージ
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 カラーはRed、Silver、Goldの3色。いずれもメタリック仕上げ
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 内側にUNiCASEのロゴが

 UNiCASEは2015年、本物のカウスキンを採用した「UNiCASE COWSKIN Diary」やオーストリッチを使った「OSTRICH Diary for iPhone6/6Plus」、そしてヘビ革の「PYTHON Diary」と、天然革の素材感を生かした高級ケースを相次いでリリース。

 さらにPUレザーを素材に採用したリーズナブルな製品ラインアップとして、今回のPYTHON PU LEATHERや、クロコダイル柄のケース「CROCODILE PU LEATHER for iPhone6s/6」も用意するなど、レザースタイルの選択肢を増やしている。

「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 角度によって輝きが変わるメタリック質感

 さてPYTHON PU LEATHERがどんなケースかというと、対応するスマホは製品名にあるように「iPhone 6s」と「iPhone 6」の2機種。背中と側面を守るジャケットタイプのケースで、本物のヘビ革を型押ししたリアルな質感が特徴だ。カラーはメタリック仕上げのRed、Silver、Goldの3色があり、角度によって異なる輝きを放つのが面白い。

「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 装着はケースにiPhoneをはめるだけ
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 ケース自体の厚さはけっこうある
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 iPhone 6sに装着してみた

 ケースの形状はバスタブ型で、iPhoneをぎゅっと押し込んで装着。カメラ部分はもちろん、側面の電源キーやボリュームキー、マナースイッチの部分、そして底面のLightningコネクタやスピーカー、イヤフォンジャックの部分は大きめにカットされており、装着したままでもiPhoneの使用に支障は出ない。そしてフロント側はカバーされないので、ディスプレイを保護するフィルムやガラスシートと組み合わせるのがいいだろう。なおケース自体は比較的厚さがあり、しっかりしている。またすべりにくくなり、持ちやすさがアップするのもうれしい。

「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 側面は大きめにカットされており、装着しても操作に支障はでない
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 底面はほぼオープン
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 素材感を生かすよう、あえてまっすぐじゃない断面にしているようだ
「PYTHON PU LEATHER for iPhone6s/6」 なんだかありがたいオーラも放っている……

 質感とメタリックなカラーで、とにかくスゴイ存在感のPYTHON PU LEATHER。2016年のスマホライフをワイルドに、ド派手にスタートしたいなら間違いなくマストなこのアイテム。そのビジュアルから“オラついた”イメージもあるが、ヘビ革だけになにやら縁起物っぽい一面もある。新年を、そして春の新生活を迎える際の贈り物としても喜ばれそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.