まとめ
» 2016年05月19日 06時00分 UPDATE

最強のLightningケーブルはどれ? 用途と容量に注目!

Apple製品付属の純正ケーブル以外に持っておきたいケーブルを紹介します。大容量のモバイルバッテリーとケーブルは、旅行や長時間の持ち歩きに便利。

[ITmedia]

 iPhone、iPad用のLightningケーブルは、充電やデータ操作に欠かせません。今回は、Apple製品付属の純正ケーブル以外に、Micro USB対応のケーブル、大容量のモバイルバッテリーなど便利に使えるケーブルを紹介します。

12型MacBook、iPad Proユーザーに「Lightning - USB-Cケーブル」

充電 スマホ ケーブル スマートフォン

 Apple純正ケーブル「Lightning - USB-Cケーブル」は12型MacBookユーザーにとって注目。このケーブルは、12型MacBookのUSB Type-Cに接続して、Lightning採用のiPhone、iPad、iPodとシンク(同期)や充電が行えます。

 さらに「Apple 29W USB-C電源アダプタ」に接続することで、12.9型iPad Proの高速充電も可能です。Apple Storeの直販価格は1メートルの長さで2800円、2メートルの長さで3800円(いずれも税別)。

タフネス仕様のLightningケーブル、Micro USB対応版も

充電 スマホ ケーブル スマートフォン Hamee「Alumi Lightning Cable 2WAY Connecto アルミライトニングケーブル」

 Hameeの「Alumi Lightning Cable 2WAY Connector アルミライトニングケーブル 1m」は、LightningとMicro USBに対応しています。

 Hameeの「Toughness Alumi Lightning Cable タフネス アルミライトニングケーブル 1m」は、1万回の屈曲試験を耐える性能を実現し、ケーブルを巻いて持ち運びしても断線しにくくなっています。

Lightningケーブル付属、容量1万8000mAhのモバイルバッテリー

充電 スマホ ケーブル スマートフォン

 OTASのモバイルバッテリー「MiLi Power King Lightningケーブル付き」は、容量1万8000mAhのリチウムバッテリーを内蔵。約4時間の本体急速充電に対応しています。

 付属のLightningケーブルでiPhone 6s、6s PlusをはじめとしたiPad、iPhoneのほか、Micro USB端子を取り付ければ各種スマートフォンも充電できます。ノートPCでも利用可能な最大出力3.5Aを実現、9種類のノートPC用端子も同梱しています。価格は1万6482円(税別・楽天市場)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう