連載
» 2017年01月12日 06時00分 UPDATE

ITオンチな母が「スマホのアプリを全部消したい」と言ったワケ

[増村みかみ,ITmedia]

 13年間ガラケーを使い続けた58歳の母が、ついにスマホデビューしました。前回は、タッチ入力に悪戦苦闘する様子をお伝えしましたが、今回はガラケーからスマホに機種変更した母ならでは(?)の不思議なやり取りを紹介します。

母 母のスマホデビューは「VAIO Phone」

「ホーム画面を消したい」とは?

 Androidスマホに機種変してすぐに母が放った言葉は、「ホーム画面を消したいんだけど……」というものでした。言っていることの意味が分からず、「ホーム画面は消せないよ」と答えると、「だって顔が見えない」と言い始めました。

 発言の意図がつかめないので、ガラケーの待受画面をのぞいてみたところ、母お気に入りの韓流スターが壁紙として設定されていました。どうやら、「スマホだとアプリが邪魔で大好きな韓流スターの顔が見えないので、アプリを全部消したい」という意味だったようです。

待受 ホーム画面にアプリがたくさんあると、壁紙が見えない(筆者のホーム画面)

 アプリの配置を変えたり、整理してまとめたりすることができると伝えると、「自分で元に戻せないので、そういうのはいじらないでほしい」と言われてしまいました。ホーム画面を左右にスワイプすれば壁紙ははっきり見えるのですが、ガラケーに慣れた母からすると、ロック画面でのパスコード入力や、アプリでいっぱいになったホーム画面、スワイプによる画面遷移などはなかなかなじめないようです。

ホーム画面 アプリを整理すれば壁紙は見えるが……

 「ちなみに、どれもスマホを使う上で大事なアプリだから、消すことはできないよ」と言うと、「多分使わないから消してほしい」とかたくなな母。「何をするにもアプリを使う」ということ自体に、まだピンと来ていない様子です。LINE、通話、アドレス帳と、どれもなくてはならないものばかりなので、まずは毎日スマホに触れてもらい、アプリを使う習慣を身につけてもらおうと思います。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.