コラム
» 2017年01月19日 06時00分 UPDATE

「スマホの画面を何度割ってもケースを着けない」人が考えていること

[二階堂歩,ITmedia]

 いきなりだが、過去にスマホの画面を割ってしまった経験がある人はどれくらいいるだろうか。自慢ではないが(本当に何の自慢にもならないが)、筆者は過去に4回ほど割ったことがある。

 端末はiPhoneで、それぞれ手に持っている状態からぽろっとアスファルトの地面に向けて落としたり、前かがみになったときに胸ポケットからするりと抜け出て落としたり、カウンターの位置が高い椅子に座ろうとしておしりのポケットから落としたりとシチュエーションはさまざまなのだが、いずれも落下→画面破壊、のパターンである。

 電車内などでは、画面が割れたまま使っている人もよく見かけるが、筆者は割ってしまうたびにアップルストアで高い代金を払って修理してきた。一度など、修理した1カ月後にまた不注意で割ってしまったときにはさすがに己のあまりの愚かさに嫌気がさしたが、それでもこれまでに画面保護用のケースやフィルムは使ったことがない

無残にも画面が割れたiPhone

スマホケースを使わない人たち

 これまで特に意識したこともなかったのだが、先日「なぜあなたはスマホケースを使わないのか?」と聞かれる機会があったので、あらためてその理由について考えてみた。

 まず第一に、「ケースに入れてかさばるのが嫌だから」というのがある。メーカーが毎年、心血を注いで本体を薄くしたり重さを軽くしたりしているのだから、わざわざ厚いケースに入れずにそのまま使ってあげようよ、という意識がなんとなくある。

 「フィルムなら厚さは変わらないのでは?」といわれてしまいそうだが、あの保護フィルムというやつも個人的にはあまり好きではない。小さなディスプレイを搭載したデジタルガジェットなどを購入すると、たいていあの薄いフィルムが貼ってあるけれど、たまにあれを剥がさずにそのまま使っている人なんかを見ると「うーん……」と思ってしまう(いや、あの「購入時のフィルム」と別売りの「保護用フィルム」が別物であることは承知しているが)。同じように、傘の柄の部分のフィルムを剥がさずに使っているのを見ると「貧乏くさいなあ」などと思ってしまうタイプなので、本当にこれは単に好みの問題なのだ。すみません。

 「好みは分かったけど、そんなに何度も画面を割っておいてよくそのまま使えるね」という声も聞こえてきそうなものだが、それについては「ケースに入れていても割れるときは割れるから」としか言いようがない。逆に入れていなくても割れないときは割れないし(当たり前だが)、それなら自分の使いたいように使えばいいだろう、と思っているフシがある。

着ける派の言い分、着けない派の言い分

 さて、こうしてあらためて挙げてみると、我ながら「大した理由ではないなあ」と気付かされるのだが、せっかくなので周囲の「ケース不要派」の人にもその理由をたずねてみた。

 やはり多かったのは「裸(ケースなし)の方が見た目が美しいよ派」で、これは故スティーブ・ジョブズもそう言っていたから……というやや原理主義的な人から、ボディーの美しさが見えればいいので透明のケースなら使う、という人まで複数人いた。

 その他の理由としては、単純に「ケースの値段が高いから」「Android端末で選べる(好みに合う)ケースがそもそもない」という人たちも一定数いた。確かに、バリエーション豊かなケースを選び放題なiPhoneと比べると、Android端末のほうが選択肢が少ないのはその通りだろう。

 一方、普段からケースに入れている人にも話を聞いてみた。大別すると、「大事に使いたい派」「小物的な趣味です派」に分かれるようだ。

 「大事に使いたい派」は、本体に傷が付くのを避けたり、すべり止め素材を用いたケースで落下防止に役立てたりと実用性重視。中には、背面にリングが付いていて指を通すようになっているなど、落下を恐れて安全性最優先という人もいた。もちろん落としてしまったときに「ケースのおかげで無事だった」という場合もあるだろう。

画像はHameeの「バンカーリング

 もう1つの「小物的な趣味です派」は、名刺入れなどの皮小物のように、デザイン性を重視してケースに入れるという考え方だ。iPhoneなどの人気端末はみんなが使っているため、そのまま使っていては見た目で差がつけにくい。個性的なケースに入れることでひと目で自分の物と分かるし、愛着もわきやすいということなのだろう。

 これ以外には、女性がよく使っている手帳型のケースで「電車内などで画面ののぞき見を防止するために」という意見もあった。同様の理由でフィルムを貼っている人も多いことから、プライバシー面を重視してケース選びをする人も確かに存在するのだろう。

画面割れやすすぎるだろ問題

 見た目から実用性までさまざまな理由があるだろうが、最終的にはケースに入れるも入れないも個人の自由に決まっているわけで、何か決まった答えがあるわけではない。しかし、1つだけ「これはほとんどの人がそう思っているだろう」ということがあって、それは「スマホの画面割れやすすぎるだろ」ということである。

 スマホ端末の進化の歴史を知らないわけではないが、これだけ多くの人が、毎日毎時間毎分使うものとしては、まだまだ致命的に落下などのリスクについて脆弱(ぜいじゃく)であると言わざるを得ない。当然ながらメーカー側もこの点は認識しており、Appleが落下防止技術の特許申請をしたりドコモが画面割れ対策を強化した製品を発表したりと、徐々に状況が改善されてきてはいるようだ。

落下時に本体の四隅から衝撃吸収バンパーが飛び出る仕組み。Appleが特許申請したとされる(「appleinsider」より引用)

 毎年カメラの画素数がアップしたり、プロセッサが高性能化したりといった進化を遂げてきたスマホも、ここ数年はさすがに伸びしろがなくなってきて頭打ちだと見られている。ねがわくばここらでひとつ、「画面割れとは無縁」の画期的な新製品などが出てきてくれないだろうか。そうすればこれからも堂々と、ケース不要派として生きていけるのだが。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう