コラム
» 2017年03月05日 06時00分 UPDATE

iPhone初心者がスルーしがちな「便利アプリ」3選

[ITmedia]

 iPhoneを使い始めたばかりのとき、プリインストールされているアプリの多さに戸惑う人も多かったのではないでしょうか?

 自分でインストールしたアプリなら、利用方法や使い方が分かりますが、直感的に操作できるiPhoneとはいえ、使い道が分からないアプリもいろいろとありますよね。今回は、iPhone初心者が放置しがちだけど、使い始めると便利なアプリをご紹介します!

iPhone
アプリ 普段あまり使わないアプリのフォルダ

その1:Facetime

 Facetimeは、iPhone同士だと誰でも無料で高音質な通話やテレビ電話が楽しめるアプリです。iPhoneを使っていると、自動的に電話番号がFaceTimeに登録されるので、面倒な準備は必要ありません。

 「設定」から「FaceTime」を選択し、設定がONになっていることを確認してみましょう。あとはアドレス帳アプリか、FaceTimeアプリから電話をかけたい相手を選ぶだけです。離れた場所に暮らす家族や恋人と顔を合わせて連絡したいときに便利です。

その2:リマインダー

 使い方をマスターすれば、仕事や予定管理の効率がぐんと上がる便利なアプリです。自分が設定した時間に通知のポップアップで予定を知らせてくれます。

 「リマインダー」アプリを開いたら、右上にある+をタップして、内容を入力します。知らせてほしい時間や場所などがあれば情報を追加します。

 また、音声エージェントのSiriにも対応しています。例えば「ここから出発するとき、郵便局に行くようにリマインドして」と話しかければ、Siriがリマインダーの設定を行ってくれるので、ちょっと楽しいですよ。

その3:友達を探す

 友達や家族の現在地を、iPhoneやiPad、iPod touchなどから簡単に見つけることができるアプリ。現在地を共有する設定は変更でき、自分の居場所がいつでもバレるわけではないのでご安心を。現在地を知りたい相手にメッセージを送り、位置情報を共有することを相手が同意すれば使うことができます。設定方法は公式サイトで案内されています。ちょっとした待ち合わせなどに便利ですね。

iPhoneを探す

 他にも、iPhoneには生活に役立つさまざまなアプリがあります。これまで使ったことのなかったアプリを1度起動してみると、新しい発見があるかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう