レビュー
» 2017年03月10日 06時00分 UPDATE

心拍センサー搭載で25日使える、腕時計みたいなスマートウォッチ「Withings Steel HR」のスゴイところ (1/3)

[すずまり,ITmedia]

 2017年1月20日、「25日間の電池持ち」を実現した心拍センサー搭載のアナログスマートウォッチ「Withings Steel HR」が発売されました。

Withings Steel HR アナログフェイスにデジタル表示がついた「Withings Steel HR」

 以前にも同社のWithings Activiteをご紹介したことがありますが、その進化形といっていい製品です。

 高級路線のWithings Activite、カジュアル&リーズナブル路線のActivite POPや、価格を抑えつつもシックでスーツに合うクールなActivite Steelなど、ニーズに応じた価格帯の製品が用意されていますが、それらのほとんどは素材やデザインなどに違いがあるだけで、機能的な部分に関しては変わらないものでした。

 しかし今回は違います。機能的に明らかに1ステージ上がったのです。一体どんなところが変わったのでしょうか。

腕時計にしか見えないアクティビティトラッカー

 これまで発売されたWithingsの腕時計タイプのアクティビティトラッカーは、一見アクティビティトラッカーとは誰も気づかないくらいスーツにもなじむ、シックかつシンプルなデザインの腕時計に仕上がっているのが大きな特徴でした。歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠サイクルなどを測定できます。

ボタン 本体右側にボタンも付きました

 フェイスには、アナログ針の他にサブダイヤルをもち、あらかじめ設定しておいた目標に対する達成率を表示します。例えば、時間を見るついでに消費カロリーが目標をどれだけ達成しているかなどが分かるのです。

 水泳も5気圧防水性能を備えているだけでなく、バッテリーにはボタン電池が使用されているため、心拍センサー搭載ながらに25日間も連続で利用できます。バイブレーションを使ったアラーム機能も備え、目覚ましとしても利用できます。

 測定したデータはスマートフォンとワイヤレスで同期して、無料で使えるアプリ「Health Mate」で管理します。

充電器 専用のUSB充電器が付属します
アプリ データは従来通り「Health Mate」で管理します
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう