ニュース
» 2017年06月15日 16時50分 UPDATE

LINE、スマートスピーカー「WAVE」今秋発売 1万5000円

LINEが、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」を今秋に発売する。価格は1万5000円(税別)。

[太田智美,ITmedia]

 LINEは6月15日、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」を今秋に発売すると、都内で開いたイベント「LINE CONFERENCE 2017」で発表した。価格は1万5000円(税別)。

clova

 WAVEは同社初のスマートスピーカー。「Clova、テレビ消して」などと話し掛けるとテレビを消すなど、家電製品との連携機能を搭載する。対応するメーカーは世界で約2000社。WAVEは日本の住宅環境に合わせて開発しており、本体から5メートルほど離れた位置で話しかけても認識するという。

 サービスの中核となるのは「音楽」で、LINE MUSICが提供する約4000万曲の楽曲が聴ける。楽曲名やアーティスト名で曲を指定できるほか、「今日の天気に合わせた音楽をかけて」と話し掛ければ、雰囲気や好みに合った楽曲を流してくれるという。

 通常、LINE MUSICを利用するには月額料金が掛かるが、WAVEの本体価格に含むかどうかは今後検討するとのこと。

 メッセンジャーアプリ「LINE」に届いた通知、天気やスケジュール、LINE NEWSなどを読み上げる機能も搭載。サイズは86.25(幅)×139.84(奥行き)×201.05(高さ)ミリ、重さは998グラム。

clova
clova 好みに合った音楽も

 今夏には、WAVEの機能をMUSICのみに絞った「先行体験版」を1万円で発売する。この先行体験版は、正式発売のタイミングで機能をアップデートし、一般販売モデル同様の機能が使えるようにするという。

clova

 LINEのキャラクターをモチーフにしたClova搭載スマートスピーカー「CHAMP」も、今冬発売する予定。

clova Clova搭載スマートスピーカー「CHAMP」
clova ディスプレイを備え、画像や動画を映し出せる「FACE」も引き続き開発中とのこと

 LINEはClovaを「次の5年における最大のチャレンジ」と位置付け、今後、LINE内外のサービスと積極的につなげていく方針だ。

clova

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう