連載
» 2017年12月02日 10時00分 公開

シンプルでコンパクトなストレートPHS「9(nine)」(懐かしのケータイ)

必要最低限の機能に絞り込んだストレート型のPHS「9(nine)」。フルブラウザの採用や高速通信が可能なW-SIMに対応していて、2台目としても、メイン端末としても活躍した製品でした。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ウィルコム(現・ソフトバンク)のケーイーエス(現・オーパス)製PHS「9(nine)」(WS009KE)です。

「9(nine)」(表面)
「9(nine)」(裏面) 「9(nine)」(WS009KE)

 9(nine)は、PHSモジュール「W-SIM」を挿入することでPHS音声端末として使える製品です。シンプルでコンパクトなストレート型ボディーを持ち、当時のケーイーエスが初めてコンシューマー向けに開発した製品でもあります。

 当時、同じようなコンセプトの端末としてネットインデックス(現・ネクス)製の「nico.」がありましたが、こちらがポップなデザインで若者向けのイメージが強い製品だったのに対し、9(nine)は落ち着いたデザインで、発売当初はホワイトとブラックの2色のラインアップだったこともありビジネスシーンにも溶け込む、より大人向けの製品となっていました。

側面のウィルコムロゴ
W-SIMスロット回り

 端末機能は通話とメール、Webブラウズに絞り込まれていて、カメラなど他の機能は搭載していません。「W-ZERO3」シリーズのユーザーなどの2台目需要に応えつつ、PC向けサイトの閲覧もできるブラウザ「NetFront」を採用することで、メイン端末としても利用できる必要最低限の機能を備えていました。

 また、最大204kbpsのデータ通信ができる高度化通信規格「W-OAM」に対応したW-SIM、通称「赤耳」が標準セットに同梱されているため、ブラウジングなどが快適に行えました。ちなみに、本体のみの販売もあり、高速にこだわらないのであれば手持ちのW-SIMを利用することもできました。

 なお、およそ1年後に発売された「9(nine)+」も型番は同じ「WS009KE」。デザインやサイズは同じで、赤外線通信機能や内蔵メモリが追加されたマイナーチェンジモデルでした。

手に持った様子

「9(nine)」(WS009KE)の主な仕様

  • 発売日:2006年12月14日(9+:2008年1月31日)
  • キャリア:ウィルコム
  • メーカー:ケーイーエス
  • サイズ:約40(幅)×124(高さ)×11.5(奥行き)mm
  • 重量:約67g(9+:約71g)
  • メインディスプレイ:2.0型(240×320ピクセル)TFT液晶 26万2144色
  • ボディーカラー:ホワイト、ブラック、ピンク、レッド、グリーン(9+:ブリティッシュブルー、ポーラホワイト、フレンチブラック)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう