ニュース
» 2018年02月28日 17時20分 公開

Mobile World Congress 2018:もっと“縦長”な「View 2」シリーズ見参――Wiko(ウイコウ)新製品発表会 (1/2)

フランス発祥の「Wiko(ウイコウ)」が、ワイドスクリーンスマートフォンの新モデルを発表した。ディスプレイはアスペクト比「9:19」で、従来よりもさらに“縦長”になった。合わせて、手頃な価格のワイドスクリーンスマートフォンも発表した。

[房野麻子,ITmedia]

 フランス発祥のスマートフォンメーカー「Wiko(ウイコウ)」は2月26日(中央ヨーロッパ時間)、「Mobile World Congress 2018」において新型ミドルレンジスマートフォン「View 2」「View 2 Pro」を発表した。両機種ともに、日本での発売は未定となっている。

 この記事では、現地で行われたプレスカンファレンス(発表会)の模様をお伝えする。

View 2 ProとView 2 今回発表された「View 2 Pro」(左)と「View 2」(右)。見た目はほぼ同じように見えるが、アウトカメラが前者はデュアル構成、後者はシングル構成となっている点など、いくつかスペック上の差異がある

既存モデルは手頃な価格に より手頃な新機種も投入

Wikoのビオレッタ・ジョバノビック氏 製品説明をするWikoのビオレッタ・ジョバノビック氏

 プレスカンファレンスでは、同社のGlobal Marketing & Commercial Directorを務めるビオレッタ・ジョバノビック氏が製品の説明を行った。

 同社は2017年9月の「IFA 2017」でアスペクト比9:18のディスプレイを搭載する「View」シリーズをリリースした。シリーズの中核となる「View」と、その上位機種である「View Prime」は日本市場にも投入されている。

 既存のViewシリーズには、他にもいくつかのバリエーションが存在する。「View GO」は5.7型のワイドスクリーンディスプレイを搭載し、1300万画素カメラや顔認証機能を搭載している。

 「View LITE」は、5.54型ディスプレイを搭載したコンパクトモデルで、持ちやすいのが魅力。セルフィー(自撮り)重視で1600万画素のインカメラを搭載し、NFCを使ったモバイルペイメントにも対応する。

 「View MAX」は、5.99型の大型ディスプレイと4000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、「動画視聴に最適である」とアピールしている。

 これら3機種は、3月から149ユーロ(約1万9600円)から179ユーロ(約2万3500円)に価格を改定し、より求めやすくなるという。

既存のViewシリーズ すでに発売されているViewシリーズ。いずれもシンプルな機能で買いやすいモデルだ

 今回の発表会では、幅広い層に向けたよりシンプルな新モデルも発表された。これらは「使いやすく、選びやすく、しかも100ユーロ以下でワイドスクリーンを搭載している」シリーズだ。

 「tommy 3」は5.45型ディスプレイを搭載した、ポケットに入れやすいコンパクトなモデル。「lenny 5」は5.7型の大画面を搭載。「jerry 3」は機能を絞り込むことでワイドスクリーンを採用しながら標準価格を79ユーロ(約1万400円)に抑えたモデルだ。

 これら3機種の発売は4月を予定している。

廉価な新モデルたち View 2シリーズに先立って発表された低価格モデルの3機種
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう