ニュース
» 2018年06月21日 19時14分 公開

セブン、スマホ決済の新会社「セブン・ペイ」設立 19年春にサービス提供へ

セブン・フィナンシャルサービスとセブン銀行が、スマートフォンを活用した決済サービスを提供する新会社「セブン・ペイ」を設立した。2019年春にサービスの提供を始める予定。

[ITmedia]

 セブン&アイグループのセブン・フィナンシャルサービスとセブン銀行は6月21日、スマートフォンを活用した決済サービスを提供する新会社「セブン・ペイ」を14日付で設立したと発表した。2019年春をめどに、現金を使わない決済サービスの提供を目指す。

photo セブン・フィナンシャルサービスの公式サイトより

 セブン銀行の広報担当者によれば、新しい決済サービスは「セブン&アイグループの各種アプリと連携させることを検討している」という。18年秋ごろには、具体的なサービス内容を発表するとしている。

 新会社の資本金は1億5000万円、出資比率はセブン・フィナンシャルサービスが70%、セブン銀行が30%。代表取締役社長には、セブン・フィナンシャルサービスの小林強取締役専務執行役員が就く。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう