ニュース
» 2018年08月30日 12時30分 公開

「Galaxy S7 edge SC-02H」がOSバージョンアップ Android 8.0に

「Galaxy S7 edge SC-02H」が2度目のOSバージョンアップを実施。「ピクチャー・イン ・ピクチャー機能」など、Android 8.0で追加される新機能を利用できるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは8月30日、サムスン電子製Androidスマートフォン「Galaxy S7 edge SC-02H」に対するOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 8.0(Oreo)」となる。なお、同機種のOSバージョンアップは約1年6カ月ぶり2度目となる(1回目のバージョンアップ時の記事)。

Galaxy S7 edge SC-02H Galaxy S7 edge SC-02H

バージョンアップの概要

 OSバージョンアップを適用すると、アプリ起動中に別のアプリを小窓表示する「ピクチャーインピクチャー(PIP)」機能の追加、テキスト選択の機能改善、通知パネルの機能改善(スヌーズ、通知内容のカスタマイズなど)、オートフィル(自動入力)機能やホーム画面でのアイコンバッジ対応など、Android 8.0で追加・変更された機能を利用できる。

 その他、主に以下のような機能改善や仕様変更が行われる。

  • Always On Displayのデザイン追加
  • 「マイファイル」の機能拡張
  • カメラアプリへの「スタンプ」「リアルタイムフェイスフィルタ」の追加
  • セキュリティ更新(2018年8月のパッチを適用)
スタンプ カメラアプリにスタンプ機能が追加される

バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは端末単体または「Smart Switch」をインストール済みのWindows PC/Macと接続して行う。

 端末単体でバージョンアップする場合、Xi(LTE)/FOMA(W-CDMA)ネットワークまたはWi-Fi(無線LAN)経由で更新データをダウンロードする。Xi/FOMAネットワーク経由でダウンロードする場合のパケット料金は有料となるので注意が必要だ。バージョンアップを開始するには、端末設定から「ソフトウェア更新」→「更新を手動でダウンロード」と進み、更新の有無をチェックする。更新がある旨の通知が出ている場合は、その通知パネルをタップして開始することもできる。

 Windows PC/Macにつないで更新する場合、Smart Switch(Windows版macOS版)をインストールした上で、PC/Macをインターネットに接続しておく必要がある。

 更新にかかる所要時間は端末単体で約54分、PC/Mac接続時で約90分だが、更新データのダウンロードに使う回線や、端末の内蔵ストレージの状況次第で前後する場合がある。

 なお今回のバージョンアップの適用は、Android 7.0として最新のソフトウェア(ビルド番号:NRD90M.SC02HOMU1BRG1)になっていることが条件となる。端末のソフトウェア更新状況によっては、更新操作を複数回行う必要があるので注意しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう