ニュース
» 2018年09月08日 12時30分 公開

auが北海道のユーザーに対する通信速度制限を解除 地震被災者支援の一環

auが北海道に住所を有する契約に対する通信速度制限解除措置を実施した。地震被災者支援の一環だ。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は、平成30年北海道胆振東部地震の被災者支援の一環として、北海道に住所を有するau 4G LTE契約を対象に、9月7日から9月30日までデータ定額などの通信速度制限を解除する措置を実施した。

 3Gケータイ・スマートフォン(CDMA 1X WIN)については、月間通信容量による速度制限を設定していないため、今回の措置の対象とはならない。

ニュースリリースサイト

対象サービス・プラン

 今回の措置の対象となるのは、北海道内に「契約者住所」または「請求書送付先住所」があるau 4G LTEスマートフォン・ケータイ・タブレット契約で、以下のサービス・プランを利用しているユーザー。

4G LTEスマートフォン・ケータイ向け

 いずれもVoLTE契約(プラン名に「V」が付くもの)も対象となる。

  • auピタットプラン
  • auフラットプラン20(U18も含む)/30/25 Netflixパック
  • データ定額1〜30
  • データ定額1/〜13 (ケータイ)
  • LTEフラット
  • ジュニアスマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • LTEフラット cp (f・2GB)
  • データ定額1cp/3cp/5cp
  • データ定額1cp (auスマホはじめるプログラム専用プラン)
  • データ定額cp (0.8GB)
  • LTEフラット cp (1GB)

4G LTEタブレット向け

 LTE契約(プラン名に「L」が付くもの)向けのサービス・プランが用意されているものについては、LTE契約向けも対象となる。

  • タブレットプラン ds (3年契約)
  • タブレットプラン ds (2年契約)
  • タブレットプラン cp (2GB・3年契約)
  • LTEフラット for Tab/for Tab (i)
  • LTEフラット for Tab ds/for Tab (i) ds

請求上の扱い

 対象となる契約では、9月7日から9月30日までの利用分のデータ通信容量がカウントされなくなる。9月6日からカウント停止措置の実施までに行った「データチャージ」の利用分についても、料金は請求しない。

 auピタットプラン契約者については、9月6日からカウント停止措置の実施までにステップアップ(通信容量による月額料金の変動)があった場合に、変動分については請求しない。

 ただし、カウント停止のタイミングによっては、データチャージ利用分やステップアップ分が9月利用分(10月請求分)として計上・請求されることがある。その場合は、10月利用分(11月請求分)以降で利用料金の調整(減算処理)が行われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう