ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W51CA」最新記事一覧

写真で解説する「W52CA」
ウォータープルーフ・ワンセグケータイ「W52CA」は、W51CAの使いやすさはそのままに、水回りでもワンセグを楽しめる防水性能を備えたモデルだ。(2007/5/23)

+D Style インタビュー:
カシオ×IDEEって?――ワンセグケータイで提案する新しいライフスタイル
“ペンギンケータイ”こと「W51CA」を開発したカシオ計算機が、インテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」とのコラボキャンペーンを行っている。カシオ計算機にとってこの取り組みは、“新しいライフスタイルの提案”だという。(2007/3/8)

「W51CA」とIDEEがコラボ──“小さなテレビスタンド”が当たるキャンペーン
“ペンギンケータイ”こと「W51CA」を開発したカシオ計算機が、インテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」とコラボ。抽選でW51CA専用テレビスタンドやネックストラップが当たるキャンペーンを実施する。(2007/2/15)

ソフトバンク「812SH」とau「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」がモバイルSuicaに対応
JR東日本はモバイルSuica対応機種にソフトバンクモバイルの春モデル「812SH」とauの春モデル「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」の5機種を追加した。(2007/2/5)

Mobile Weekly Top10:
「W51CA」の画面を“フルペンギン”にする方法
2月2日から順次販売が始まった、“アデリーペンギン”のグラフィックが人気の「W51CA」は、ある手順を踏むことで、アンテナピクトをペンギンモードに変えることができる。(2007/2/2)

「オープンアプリプレイヤー」版jigブラウザが登場――au新端末で利用可能に
jig.jpは同社の「jigブラウザ」を、auの「オープンアプリプレイヤー」に対応させた。「W51CA」など、オープンアプリプレイヤー搭載端末でjigブラウザが利用可能となる。(2007/2/2)

ワンセグ対応のペンギンケータイ「W51CA」、新規は2万円台前半
「W41CA」の特徴を継承しつつ、ワンセグとauの最新サービスに対応させたカシオ計算機製のWIN端末「W51CA」が、都内で店頭に並んだ。(2007/2/2)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(3):
タスク切り替えは可能?──「W51CA」
auの2007年春モデルの多くに搭載されることになった「タスク切り替え機能」。W51CAの場合、どの機能で使えるか、ワンセグ録画中もタスク切り替えが可能かなど、具体的な使い勝手に関する質問が多かった。(2007/1/31)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力ある?──「W51CA」
2006年の人気端末「W41CA」で評価を得た機能の多くを継承する「W51CA」。日本語入力系やUI、カメラなど、日常的によく使用する機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/31)

「W51CA」「W51K」「W51P」、2月1日から順次発売
2007年春モデル「W51CA」「W51K」「W51P」の3機種が2月1日から順次発売される。(2007/1/31)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(1):
PCサイト上の文字列、コピペできる?──「W51CA」
人気モデルだった「W41CA」の後継機として登場するのが、カシオ計算機製の「W51CA」。au新モデルの多くに搭載された機能拡張版PCサイトビューアーの機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/29)

写真で解説する「W51CA」
“「W41CA」を2007年春モデルとしてリメイクした”──今回のカシオ計算機製WIN端末「W51CA」は、名作とも言うべきW41CAの長所に、連続5時間30分視聴可能なワンセグ機能を搭載したフルスペックモデルだ。(2007/1/17)

“ペンギンケータイ”が最新サービスとワンセグに対応──「W51CA」
カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、前モデル「W43CA」の基本機能をおさえつつ、ワンセグ機能を統合したハイエンドモデルだ。「W41CA」で好評だった待受やメニューの“アデリーペンギン”も登場する。(2007/1/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。