ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W51CA」最新記事一覧

写真で解説する「W52CA」
ウォータープルーフ・ワンセグケータイ「W52CA」は、W51CAの使いやすさはそのままに、水回りでもワンセグを楽しめる防水性能を備えたモデルだ。(2007/5/23)

+D Style インタビュー:
カシオ×IDEEって?――ワンセグケータイで提案する新しいライフスタイル
“ペンギンケータイ”こと「W51CA」を開発したカシオ計算機が、インテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」とのコラボキャンペーンを行っている。カシオ計算機にとってこの取り組みは、“新しいライフスタイルの提案”だという。(2007/3/8)

「W51CA」とIDEEがコラボ──“小さなテレビスタンド”が当たるキャンペーン
“ペンギンケータイ”こと「W51CA」を開発したカシオ計算機が、インテリア雑貨を扱うショップ「IDEE」とコラボ。抽選でW51CA専用テレビスタンドやネックストラップが当たるキャンペーンを実施する。(2007/2/15)

ソフトバンク「812SH」とau「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」がモバイルSuicaに対応
JR東日本はモバイルSuica対応機種にソフトバンクモバイルの春モデル「812SH」とauの春モデル「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」の5機種を追加した。(2007/2/5)

Mobile Weekly Top10:
「W51CA」の画面を“フルペンギン”にする方法
2月2日から順次販売が始まった、“アデリーペンギン”のグラフィックが人気の「W51CA」は、ある手順を踏むことで、アンテナピクトをペンギンモードに変えることができる。(2007/2/2)

「オープンアプリプレイヤー」版jigブラウザが登場――au新端末で利用可能に
jig.jpは同社の「jigブラウザ」を、auの「オープンアプリプレイヤー」に対応させた。「W51CA」など、オープンアプリプレイヤー搭載端末でjigブラウザが利用可能となる。(2007/2/2)

ワンセグ対応のペンギンケータイ「W51CA」、新規は2万円台前半
「W41CA」の特徴を継承しつつ、ワンセグとauの最新サービスに対応させたカシオ計算機製のWIN端末「W51CA」が、都内で店頭に並んだ。(2007/2/2)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(3):
タスク切り替えは可能?──「W51CA」
auの2007年春モデルの多くに搭載されることになった「タスク切り替え機能」。W51CAの場合、どの機能で使えるか、ワンセグ録画中もタスク切り替えが可能かなど、具体的な使い勝手に関する質問が多かった。(2007/1/31)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(2):
ポケベル入力ある?──「W51CA」
2006年の人気端末「W41CA」で評価を得た機能の多くを継承する「W51CA」。日本語入力系やUI、カメラなど、日常的によく使用する機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/31)

「W51CA」「W51K」「W51P」、2月1日から順次発売
2007年春モデル「W51CA」「W51K」「W51P」の3機種が2月1日から順次発売される。(2007/1/31)

「W51CA」の“ここ”が知りたい(1):
PCサイト上の文字列、コピペできる?──「W51CA」
人気モデルだった「W41CA」の後継機として登場するのが、カシオ計算機製の「W51CA」。au新モデルの多くに搭載された機能拡張版PCサイトビューアーの機能に関する質問が多く寄せられた。(2007/1/29)

写真で解説する「W51CA」
“「W41CA」を2007年春モデルとしてリメイクした”──今回のカシオ計算機製WIN端末「W51CA」は、名作とも言うべきW41CAの長所に、連続5時間30分視聴可能なワンセグ機能を搭載したフルスペックモデルだ。(2007/1/17)

“ペンギンケータイ”が最新サービスとワンセグに対応──「W51CA」
カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、前モデル「W43CA」の基本機能をおさえつつ、ワンセグ機能を統合したハイエンドモデルだ。「W41CA」で好評だった待受やメニューの“アデリーペンギン”も登場する。(2007/1/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。