ニュース
» 2007年01月16日 10時55分 UPDATE

“ペンギンケータイ”が最新サービスとワンセグに対応──「W51CA」

カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、前モデル「W43CA」の基本機能をおさえつつ、ワンセグ機能を統合したハイエンドモデルだ。「W41CA」で好評だった待受やメニューの“アデリーペンギン”も登場する。

[園部修,ITmedia]

 カシオ計算機製のWIN端末「W51CA」は、2006年春モデルとして登場した大ヒット端末「W41CA」のボディ形状やサイズをほぼそのまま継承しつつ、ワンセグとauの最新サービスに対応させた高機能端末だ。

Photo 回転2軸型のボディに、キートップを波形にしたステップキーなど、まさに「W41CA」の再来と思われるボディデザイン。ここに、それほど大型化することなくワンセグを搭載している
Photo

 最大の特徴は、auの2007年春モデルの中で最長となる、約5時間半の連続視聴を実現したワンセグ機能を搭載したこと。録画予約や外部メモリへの録画など、ハイエンドワンセグ端末に必須の機能をしっかり押さえている。また音声付き時短再生や、日立製作所製「W43H」などでおなじみの、着信時に最大約2分間タイムシフトする機能もサポートする。新搭載のタスク切替機能により、ワンセグ視聴中に届いたメールの閲覧や返信なども可能だ。

 ボディは回転2軸型で、ディスプレイはIPSパネルの2.6インチのワイドQVGA液晶を採用。テレビ向けにチューニングされた高画質エンジンを搭載している。カメラはオートフォーカス(AF)付きの有効約207万画素CMOS。FeliCaや高速赤外線通信が可能なIrSimpleポートも用意する。

 「EZニュースフラッシュ」「EZチャンネルプラス」「デコレーションメール」「EZケータイアレンジ」といった、2006年秋に開始された新サービスに対応するほか、「LISMOビデオクリップ」やJavaベースの勝手アプリなどが利用できる「オープンアプリプレーヤー」も利用可能だ。

 W41CAで好評だった“アデリーペンギン”も、待受画面やメニューに登場。プリセットアプリには、スクウェア・エニックスのアクションRPG「聖剣伝説−ファイナルファンタジー外伝−(体験版)」を用意する。

機種名 W51CA
サイズ(幅×高さ×厚み) 約50×105×22ミリ
重さ 約135グラム
連続通話時間 約250分
連続待受時間 約300時間
カメラ 有効約207万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.6インチワイドQVGA液晶(240×400ピクセル)
サブディスプレイ 約0.92インチ白色有機EL(96×64ピクセル)
ボディカラー ブルームピンク、カシミアホワイト、サテンダーク

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.