写真で解説する「W41CA」(1/2 ページ)

» 2006年01月20日 02時42分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 HDD搭載やワンセグ対応など、飛び道具も豊富なauの春モデル(1月19日の記事参照)。その中でも、カシオ計算機製の「W41CA」は、これまでのカシオ製WIN端末の流れを汲みつつ、「あれがない」と言われていた部分をすべて補完した“バランス型”端末だ。

 逆にいうと、カメラなどは「W31CA」の3メガCCDから2メガCMOSにグレードダウンしたが、その分、新規価格も1万5000円前後になる見込みで、安価に設定されている。

リリース発表にはなかった点

 写真をお見せする前に、リリース発表には載っていなかったポイントを1つ。カシオ計算機製端末は、日立製作所との合弁会社カシオ日立モバイルコミュニケーションズを立ち上げ後、プラットフォームの共通化を図ってきた。「G'z One TYPE-R」や「A5512CA」、そして「W32H」などが新プラットフォーム端末だ。

 これらの端末は、携帯のCPUとしても使われる通信チップセットに「MSM6550」を搭載していると見られる(2005年12月19日の記事参照)。第2世代のWIN「W21シリーズ」が採用した「MSM6500」に比べ、MSM6550はCPUクロックがARM9/225MHzに向上している(2005年6月2日の記事参照)。つまり、「W31CA」などに比べても“サクサク感”がさらに増したことになる。

 新プラットフォームと同等のソフトウェアを搭載しているため、電池残量が残りわずかでもアドレス帳などを閲覧できる「エクステンションモード」や、「HOTキー」「ストップウォッチ」「ペア機能」などは、しっかり搭載している。

 そのほか、カシオ初となる新機能としては下記が挙げられる。

  • USBのマスストレージ機能に対応。miniSD内を読み書き可能に
  • FMラジオチューナー搭載
  • 赤外線機能搭載
  • PCドキュメントビューアーの「スクリーンキャプチャ機能」「キーワード検索」「添付ファイルをデータフォルダにいったん保存せずに閲覧可能」
  • ホワイトボードなどを撮影し、正面から撮影したように加工する「ビジネスショット」機能(撮影後も変換可能)
  • FeliCa対応(電波を受信するとランプが光る)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー