ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W61SA」最新記事一覧

「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」に電源リセットなどの不具合 ケータイアップデートで対応
KDDIはSANYOブランドの「W54SA」「W61SA」「W63SA」「W64SA」に、電源リセットやフリーズなどの不具合があることを公表した。ケータイアップデートで対応する。(2009/5/27)

ソフトウェアアップデート情報――au
2009年春モデルの日立製作所製「H001」と、2008年春モデルの京セラ製SANYOブランドの「W61SA」に不具合が発生。KDDIはソフトウェアアップデートを開始した。(2009/2/27)

「W61SA」にカメラ起動でリセットする不具合――ケータイアップデートで対応
KDDIは京セラ製SANYOブランド端末「W61SA」のケータイアップデートを開始した。カメラ起動中にリセットしてしまう、インターネットへの接続に失敗するなど、合計5点の不具合を解消する。(2008/7/11)

W61SAの“ここ”が知りたい(2):
文字は入力しやすい?――「W61SA」
W61SAの“ここ”が知りたい第2回は、日本語入力システムの種類やmicroSDHCとBluetoothへの対応、さらに三洋電機時代に好評だった機能、再生可能な音楽形式などをチェックした。(2008/5/21)

「W61SA」の“ここ”が知りたい(1):
“フルスライド”を閉じたままでどんな操作ができる?――「W61SA」
W61SAは、3インチディスプレイとタッチセンサーを備えたフルスライド端末。タッチセンサーの使い勝手や、過去の三洋電機製端末にあった機能が復活しているかという質問が多かった。(2008/5/20)

auの「W61SA」「W61T」に電源リセットなどの不具合――ソフト更新で対応
KDDIは5月9日、京セラ製のSANYOブランド端末「W61SA」と、東芝製の「W61T」に不具合があることを明らかにした。電源のリセットやキー操作を受け付けなくなる場合があるというもので、改修済みソフトの配信を開始した。(2008/5/9)

SANYOブランドのフルスライドKCP+端末「W61SA」の予価、3万円台の前半
関東地域では4月26日に発売が予定されている、SANYOブランドのKCP+端末「W61SA」の予価が都内量販店で掲示されていた。新規契約、機種変更ともに、フルサポートコースの価格は3万円台の前半となっている。(2008/4/22)

「K」と「SA」のケータイが家族に――「W61SA」、京セラ端末としてデビュー
京セラが三洋電機の携帯電話事業を買収したのに伴い、「W61SA」が京セラ端末としてデビューした。京セラは今後の端末について「当面は2つのブランドで端末を開発する」としている。(2008/4/17)

3インチ有機ELのフルスライド――「W61SA」、4月17日から順次発売
3インチ有機ELディスプレイを搭載したフルスライドケータイ「W61SA」が、4月17日から順次店頭に並ぶ。KCP+を採用したハイエンドモデルで、デジタルラジオ、ワンセグ、FMトランスミッター、Bluetoothなどの機能を装備する。(2008/4/17)

大画面の迫力が生きる新世代スライド:
PR:大画面Full Front StyleとKCP+の高機能が1つに――次世代クオリティのハイエンドスライド「W61SA」
SANYOブランドが得意とするスライドモデルの進化型ともいえるW61SAは、ロングスライドの使いやすさと、KDDIのEV-DO Rev.A向けプラットフォーム「KCP+」のハイエンド機能が融合した新モデルだ。本企画ではW61SAの特徴を紹介するとともに、この端末をより便利に、楽しく使いこなすためのTipsを紹介しよう。(2008/4/17)

さらに写真で解説する「W61SA」
世界で初めて3インチ有機ELを搭載したのが、三洋電機製のフルスライド端末「W61SA」。「ネクストスタイル、ネクストディスプレイ」をコンセプトに、大画面と相性がいいAV機能の使い勝手にこだわった。(2008/2/4)

写真で解説する「W61SA」
世界初(2008年1月現在)の3インチ有機ELディスプレイを採用する三洋電機製の“フルスライド”ハイエンド「W61SA」。KCP+採用のW54SAと共通する箇所もあるが、フルスライドスタイルのディスプレイ面にタッチセンサーを装え、閉じた状態でもワンセグや音楽再生の操作が可能になっている。(2008/1/29)

3インチ有機EL、タッチセンサー、Bluetooth搭載のフルスライド――「W61SA」
auの春モデルでは最大の3インチ有機ELディスプレイを搭載する「W61SA」は、KCP+プラットフォームを採用したフルスライド型のハイエンド端末。デジタルラジオ、FMトランスミッター、Bluetooth、オーディオ機器連携など、音楽機能も充実する。(2008/1/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。