ニュース
» 2009年12月25日 15時28分 UPDATE

せかにゅ:タブレット元年? ARが開花? 2010年はどうなるのか

2010年はAppleやMicrosoftがタブレットを投入し、「タブレットの年」になるかもしれない。2010年の予想のほか、「2009年、MicrosoftとAppleの正しかったこと、間違っていたこと」も。

[ITmedia]

2010年はどうなる?

 2010年のIT業界について、各メディアがさまざまな予測を立てている。幾つかピックアップした。

  • 2010年はタブレットの年になる。Macタブレットのほか、Microsoftの「Courier」DellのAndroidタブレット、ASUSの「Eee Pad」の登場もうわさされている(PCWorld

  • AppleかAmazonが、キラー製品となるタブレットマシンを開発する。外部の開発者がアプリを開発できるオープンな開発環境のAppleタブレットかKindleが登場するだろう(WSJ

  • Androidが勢力拡大。GoogleのAndroidを搭載した携帯機器のシェアが10%に達し(Forrester)、Androidアプリが現在の1万2000種から15万種に拡大する(Flurry

  • MicrosoftがAOLを買収する。Yahoo!を買収するなら220億ドルかかるが、AOLならその10分の1の価格で買収できる。Time Warnerからのスピンオフ作業が落ち着いたら、MicrosoftがAOLを買収するだろう(WSJ

  • AR(拡張現実)が広がる。ロケーションベースのゲームで、現実の風景にパズルやモンスター、イースターエッグが表示されたり、ナビアプリで道の上に進行方向を示す矢印が表示されたりというように活用されるようになる(Telegraph

  • PalmとAndroidが手を組み、Android搭載のPalm端末が登場する。Palm webOSもAndroidもLinuxベースなので難しいことではない。PalmのUIとGoogleの市場力を合わせればAppleを追い抜けるかもしれない(Infoworld

  • MicrosoftがWolfram|Alphaを買収する(Readwriteweb

  • 電子書籍リーダー市場で価格競争が起き、Amazonが最安のKindleを投入してリードを広げる(Readwriteweb

2009年、Microsoftの何が正解で何が間違いだったか

 2009年のMicrosoftの行動で、何が正しくて何が間違っていたのか――BetaNewsがまとめている。

 同紙はMicrosoftの正しかった行動として、「Windows 7」「Bing」「無料セキュリティソフトSecurity Essentials」を立ち上げたことを挙げている。また直営店のオープンについても、「Appleは2000年代初めの不況の中で直営店を立ち上げた。Microsoftの状況は当時のAppleに似ている」と前向きに評価。欧州連合との独禁法訴訟での和解、要領を得ないコーポレートCMを改善して「Laptop Hunters」のようなヒットCMを出したことも正解として挙げている。

 同社が2009年に犯した間違いとしては、Windows XPからWindows 7に直接アップグレードできるようにしなかったこと、勝ち目のないPCでのWeb検索でGoogleに挑み続けたこと、利幅の薄いNetbookの推進、携帯電話戦略を挙げている。クリス・リデルCFOや事業開発幹部のドン・ドッジ氏(後にGoogle入り)を手放したことや、経費削減のためにインキュベーションプロジェクトをやめたことも誤りだったとしている。

10 things Microsoft did right in 2009/10 things Microsoft did wrong in 2009(BetaNews)

2009年、Appleの何が正解で何が間違いだったか

 同じくBetaNewsが、2009年のAppleの行動で、何が正しくて何が間違っていたのかをまとめている。

 正しかった行動としては、Macの価格を維持し、その一方でSnow Leopardを手ごろな価格に設定したり、iPhoneを99ドルに値下げした価格戦略を挙げている。アプリに重点を置いたマーケティング、Safari 4のHTML5サポート、MacクローンメーカーのPsystarを訴えて勝ったことも評価している。スティーブ・ジョブズCEOの健康問題についての情報を出さなかったことも、短期的に株価の面で見れば正解としている。

 一方、間違いとしては、驚異的な発明がなく、iPhone 3GSが小幅な改良だったこと、iPhoneの生産が需要に追いつかなかったことや、中国でWi-FiなしでiPhoneを発売したことを挙げている。iPod nanoのカメラの位置、App StoreでのGoogle Voiceの却下Macのディスプレイ問題もミスだとしている。ジョブズCEOの健康問題の開示については、長期的に見れば信頼を失いかねない行為だとしている。

10 things Apple did right in 2009/10 things Apple did wrong in 2009(BetaNews)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -