ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Courier」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Courier」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「次世代Surface」にまつわる3つの開発コード名 2018年後半に何が出る?
ここ数年は秋に「Surface」ブランドの新ハードウェアを投入してきたMicrosoft。2018年後半以降の新機種に関係すると思われる3つの開発コード名を追う。(2018/6/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftのモバイル秘密兵器「Andromeda」とは折りたたみ型デバイスなのか
GoogleがAndroidとChrome OSを統合した新OS「Andromeda」を開発中とのうわさもあるが、Microsoftは全く別の同名プロジェクトを秘密裏に進めているという。その正体とは?(2017/11/7)

特集:Visual Studio Codeを使いこなそう!:
Visual Studio Codeの設定「虎の巻」:IDE編
Visual Studio Codeは多くの部分をユーザーが自由に設定できる。その基本と、IDEを中心とした設定項目を取り上げる。Visual Studio Codeを自分色に染めてみよう!(2018/4/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
苦戦するWindows 10スマホは「二つ折りケータイ」の進化系を目指す?
Microsoft純正スマートフォン「Lumia」の販売終了が続く中、米特許商標庁に登録された新たなデバイスの姿が話題となっている。(2017/1/18)

パネル面がキーボードになる
斜め上の発想を実現した“分類不能”な「Lenovo Yoga Book」、その使用法は
「Lenovo Yoga Book」は今までに見たことがない技術の組み合わせを搭載した2in1端末だ。ワコムの技術を採用したペンタブレットのパネルはキーボードにもなる。「IFA 2016」の実機インプレッションを紹介する。(2016/9/24)

Microsoft、iPad版OneNoteでFiftyThreeの「Pencil」と「Paper」をサポート
Microsoftが、iPad版OneNoteでFiftyThreeの感圧スタイラス「Pencil」をサポートした。MicrosoftはAppleのiPad用スタイラス「Apple Pencil」もサポートしている。(2015/10/21)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeの使い方、基本の「キ」
Microsoft発のクロスプラットフォームなテキストエディタ、「Visual Studio Code」の使い方の基本をまとめる(バージョン1.25対応)。(2018/7/17)

「エルサは黒人じゃない」と言われたアボリジニの3歳の少女、ディズニーに招待されてエルサ女王になる
人種差別、ダメ、絶対。(2015/7/8)

TypeScriptで学ぶJavaScript入門:
第7回 繰り返し処理(2):for/for ... in文
プログラミング初心者向けのTypeScript入門連載。第7回は繰り返し処理のうちfor文とfor ... in文を詳しく解説する。TypeScriptでプログラミングへの理解を一歩深めよう。(2014/11/14)

特集:
Googleドキュメントの互換性を検証〜 どこまでMicrosoft Officeの代わりとして使えるのか? 〜
Windows XPと共にMicrosoft Office 2003のサポートも終了。これを機にGoogleドキュメントへの移行を検討している企業や自治体もあるようだ。そこで気になるのが、Microsoft Office とGoogleドキュメントの互換性だ。今回は、Googleドキュメントのインポート/エクスポート機能を用いて、文書の互換性を検証した。(2014/5/28)

Tech TIPS:
Windowsでフォントの「表示」設定を変更して全てのフォントを表示させる
Windows 7やWindows Server 2008 R2以降のOSでは、使用中の言語の設定に基づいて、一部のフォントをリストに表示させないようにする機能が用意されている。これを無効にしてすべてのフォントを表示させる方法を紹介する。(2013/3/8)

電子書籍自動販売機はいかが?
電子書籍の自動販売機はわたしたちの生活の中に溶け込んでいくだろうか。(2013/2/6)

Samsung、デュアルスクリーンタブレットをローンチか
まだ開発の初期段階だが、Samsungはデュアルスクリーンタブレットデバイスを市場に投入する考えかもしれない。(2012/5/7)

海外モバイルニュースピックアップ:
スマートフォンとアプリで素敵な夢を――英国で実証実験
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、スマホとアプリで素敵な夢を見る実験、ガジェットのタフさを競うサバイバルレースの結果、Office文書を編集できるiPadアプリなど。(2012/4/11)

iPadのお絵描きアプリ「Paper by FiftyThree」 Microsoft出身チームが公開
「Paper by FiftyThree」は仮想の紙にさまざまな筆記用具で描画できる無料アプリ。アプリ内で170円のツールを買い足せる。(2012/3/30)

海外モバイルニュースピックアップ:
タップもフリックもお手のもの――Galaxy Noteを鼻で操作するゾウ
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、Galaxy Noteを鼻で操作するゾウ、iPadで泥棒を捕まえた8歳の少年、押すとピザが届くスマホ連動マグネット、iPadをはめ込む4チャンネルミキサーなど。(2012/3/28)

Windows 8タブレット、発売タイミングを逸する?
AppleやSamsungがすでに第2、第3世代のタブレットデバイスを発売し、Kindle FireやNOOK Tabletといったローコストタブレットの領域も登場する中、Windows 8タブレットに勝機はあるのだろうか?(2011/12/28)

これから始めるIPv6(3):
3つの手順で実現、サーバOSのIPv6対応
IPv4アドレス在庫の枯渇やWorld IPv6 Dayの実施に伴い、「そういえば昔IPv6について読んだけれど、いまはどうなっているんだろう?」と感じている人も多いのではないでしょうか。最新状況を踏まえたIPv6の「基礎」を改めて紹介します。(編集部)(2011/11/28)

せかにゅ:
Microsoftの2画面タブレット「Courier」、登場は2011年?
年内登場と言われていたMicrosoftの2画面タブレット「Courier」だが、2011年にずれ込みそうだ。Microsoftはターゲットユーザー層を考え直しているという。(2010/4/21)

Windows 7搭載「HP Slate」はiPadに対抗できるのか
iPadは4月発売で、価格は499ドルから。一方うわさによると、「HP Slate」は6月発売で545ドル前後になるようだ。(2010/3/23)

せかにゅ:
タブレット元年? ARが開花? 2010年はどうなるのか
2010年はAppleやMicrosoftがタブレットを投入し、「タブレットの年」になるかもしれない。2010年の予想のほか、「2009年、MicrosoftとAppleの正しかったこと、間違っていたこと」も。(2009/12/25)

MicrosoftがAppleやGoogleのようになってきた?
以前のMicrosoftはやりたいことをやり、それでみんながついてくると思っていた。今のMicrosoftはライバルを意識し、そのいいところを取り入れようとしている。(2009/9/29)

せかにゅ:
Microsoft、Macタブレットの対抗デバイスを開発?
まだうわさでしかないMacタブレットに対して、Microsoftは既に対抗デバイスらしきものを開発しているようだ。(2009/9/25)

一歩上いく英文履歴書の書き方、使い方(9):
紙の力のなせる業
英文履歴書をより魅力的に、ほかの人と差別化して書くにはどうしたらいいのか。そんな英文履歴書の書き方、使い方を解説しよう。(2005/8/23)

実用qmailサーバ運用・管理術(8):
メールサーバで行うウイルス対策
メールによるウイルスの問題はますます深刻になってきている。一方、クライアントレベルでの対策では管理者の目が十分に行き渡らないという欠点がある。クライアント数が多い場合などは、メールサーバで一元的にウイルス対策を行うのが効果的だ。(2002/4/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。