ニュース
» 2011年01月13日 11時58分 UPDATE

Google、Hotpot機能付きGoogle PlacesのiPhoneアプリをリリース

Googleが位置情報アプリ「Google Places」のiPhone版をリリースした。簡易レビュー機能「Hotpot」でショップのレーティングを入力することで、お勧め情報をパーソナライズできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月12日(現地時間)、「Google Places」のiPhoneアプリをリリースしたと発表した。まずは英語版のみだが、今後対応言語を拡大していく計画という。Android版のGoogle PlacesはGoogle Mapsのバージョン4.4に1機能として追加されたが、iPhone版は独立したアプリとしての公開だ。

places for iphone

 Google Placesは、ユーザーの位置情報に基づいてショップやレストラン情報を提供するサービス。ショップやレストランのオーナーが登録したビジネス情報に基づいて、Google検索やGoogle Mapsの検索結果にショップ情報を表示する。ショップ情報には営業時間や電話番号などの基本データや店内の画像などのほか、ユーザーが米Yelpや米Tripadvisorなどのレビューサイトに書き込んだレビューやレーティングも含まれる。

 Googleは昨年11月、デスクトップのWebブラウザやAndroid端末からショップのレーティングを入力できるサービス「Hotpot」を立ち上げており、iPhone版のGoogle Placesにもこの機能が搭載されている。Android版とiPhone版のHotpotでは、「Rate Now(今評価する)」ボタンをタップすると、端末の位置情報に基づいて自動的に現在地にあるショップのレーティングページが表示される。ユーザーがHotpotで入力した評価はGoogle Placesに追加されるだけでなく、入力したユーザーへのお勧め情報にも反映される。

 Googleはユーザーにレーティングを推奨し、データを蓄積することで、位置情報サービスで先行するYelpなどに対抗する考えとみられる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -